金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/06/05

【日立ソリューションズ・クリエイト】未知のマルウェアにも対応する「AppGuard」を活用した「標的型攻撃対策ソリューション」を販売開始

| by:ウェブ管理者
~「セキュリティソリューション」のラインアップ拡充でお客さまのニーズに幅広く対応~

株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(本社:東京都品川区、取締役社長:竹田 広光/以下、日立ソリューションズ・クリエイト)は、Safer Connected World株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原口 直道/以下、Safer社)とエンドポイント型セキュリティ対策製品「AppGuard(アップガード)*」の販売代理店契約を締結し、「AppGuard」を活用した「標的型攻撃対策ソリューション」を本日から販売開始します。
*AppGuardの製造元はBlue Planet-works社で、Safer社はマスタディストリビュータとなります。

近年、サイバー攻撃は、ネットワークでのセキュリティ対策を通過するなど、より悪質で高度化したマルウェアが増加しており、企業のITシステムだけでなく、制御システムにまで脅威が拡散し、工場の生産ラインが停止するなどの被害がでています。
内閣サイバーセキュリティセンターが策定している「政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」でも、「既知及び未知の不正プログラムの検知及びその実行の防止の機能を有するソフトウェアの導入」が順守事項に含まれており、検知型対策製品では検出することが困難な未知のマルウェアに対するセキュリティ対策は社会課題となっています。

日立ソリューションズ・クリエイトは、自社に高度なセキュリティ技術を有する専任技術者を擁し、セキュリティ強化に向けた診断や訓練等を実施する「サービス系ソリューション」と、システム構築・導入、技術サポート保守、運用までを行う「製品系ソリューション」で構成するセキュリティソリューションをラインアップし、お客さまにとって最適なソリューションをワンストップで提供しています。

「AppGuard」は、未知のマルウェアなどの最新の脅威がシステムに害を与える動作を未然に阻止して、システムの安全性を確保する機能が評価され、米国政府機関での採用をはじめ、国内でも官公庁、金融機関、製造業など50社10万ライセンスを超える導入実績を有しています。

今回、「AppGuard」を活用した「標的型攻撃対策ソリューション」を日立ソリューションズ・クリエイトのセキュリティソリューションにラインアップし、制御系システム市場をはじめ、金融分野、公共分野、産業分野などさまざまな業種に幅広く提供していきます。

日立ソリューションズ・クリエイトとしては、今後も引き続き、セキュリティソリューションメニューの一層の拡充を図り、お客さまの多様化するニーズに対応していきます。


原文はこちら
https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/company/newsrelease/2019/0605_01/index.html

15:05 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.