金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2013/07/24

【フォレックス・マグネイト】Special Thanks,「東京サミット2013」盛況裡に閉幕!国内外からエグゼクティブを中心としたFX業界関係者が800名超参加!

| by:ウェブ管理者



Special Thanks, 「フォレックス・マグネイト 東京サミット2013」来場者800名超、盛況裡に閉幕


 2013年7月17日(水)、フォレックス・マグネイトは、マンダリン オリエンタル ホテル 東京において「フォレックス・マグネイト 東京サミット2013」を開催した。フォレックス・マグネイトはFX業界で世界最大級のBtoB業界向け情報提供ウェブサイトで、「リテールFX市場四半期調査報告書」を作成・販売するなど、海外の業界情報をキャッチするためになくてはならない媒体になりつつあり、多くのFX業界関係者やメディアからも注目されている企業。

 フォレックス・マグネイトが手がける世界的なFXのBtoBイベントは、2012年11月にロンドンで開催された「 ロンドンサミット2012(海外取材レポ)」、2013年1月にマカオで開催された「iFXEXPO in マカオ(海外取材レポ)」に続き、今回は初の日本(東京)を舞台とした開催となった。


 今回のサミットでは、国内外のFX関連企業(ブローカー、リクイディティプロバイダー、システム開発・情報やツール等サービス提供企業など)を中心に、800人超のエグゼクティブや責任者およびメディアが集結。ホテルの3階エリアを借り切ったサミット会場では、事前登録による招待状を提示して受付を済ませた来場者が、受付すぐ傍にあるブース展示エリアを訪れ、普段なかなか接触することができない海外企業のソリューションに触れる機会を得ると共に情報・意見交換やネットワーキングが繰り広げられた。

 ブースを出展した企業は32社、うち日本の企業は、野村證券、クロスブリッジ、そして今回注目のスタートアップ企業として「Most Innovative Financial Product Award」を受賞したNextop.Asia の3社となった。ちなみに、昨年のロンドンサミットで同賞を受賞した企業がtradable。tradableは、マネックス証券と同社のオープンプラットフォームをベースとしたAPIを公開することで開発者を巻き込み、投資家が機能やツールを自由に選べるアプリケーションを提供するという、これまでにない新しいスタイルでサービスの浸透を目指している。今回のサミットでも両社によるスペシャルプレゼンテーション、および開発者向けの個別ワーキングセッションを同ホテル別室(オークルーム)で2回開催するという力の入れようだ。


 4つのテーマで開催されたパネルディスカッション(海外FXプラットフォーム、中国FX市場、FX海外展開、リクイディティ機能)では、投資家に向けて新サービスの提供と市場拡大を牽引してきた国内外のFX業界を代表する企業のトップがパネリストとして登壇、これまでの取組みや経験に基づく様々な意見や考え方が示され、来場した関係者の多くから、「検討の切り口が見えた」、「今後の事業戦略や経営判断の参考にする」、といった声も聞こえた。








 全てのパネルディスカッションとスペシャルプレゼンテーションが終了した後、FX業界におけるスタートアップ企業による各社5分間限定のプレゼンテーションが行われた。1社目は、独自のルールデータベースでトレードを分析するCorrSight。続く2社目は、「TF Trader」を開発・提供するラガルト・テクノロジー。3社目は、シストレのシグナルを元に手動で発注する新サービス「りもシス」を発表したセンティリオン。4社目は、「NEXTRADE」を開発・提供するNextop.Asia。そして、最後の5社目は、オンライントレーディング教育サービスを提供するTraders Education。参加者の投票により、Nextop.Asiaが優勝した。

 一定水準のブローカレッジプラットフォームサービスと法規制面の整備が確立されつつある昨今、付加価値を提供するための価値前提の発見がサービスの具現化と存続に欠かせなくなっている。投資家の視点に立った取引分析、投資家同士のコミュニケーションやアチーブメント、HTML5の活用をはじめとするスマートフォンファーストの展開、裁量とシストレの補完や教育により成績向上へと導くサービスなど、投資家が直面している課題やニーズ・利便性向上の研究を通じて更なる楽しさと満足の提供を目指す革新的な取組みなど、スタートアップとして挑戦している企業は数々あり、学ぶところも多い。








 フォレックスマグネイトアワードの選定は、参加者からの事前推薦のもと、各部門において上位6社をノミネート企業として選出したのち、再び参加者がノミネート企業の中から1社を選ぶ仕組みで、最終的に最も支持された以下の企業が受賞した。


 ◎ベストリテールテクノロジープロバイダー賞: シンプレクス・コンサルティング
 ◎ベストFXブローカー賞: インヴァスト証券
 ◎ベストニュースプロバイダー賞: グローバルインフォ
 ◎ベストアフィリエイトサービスプロバイダー賞: インタースペース
 ◎ベストスプレッド賞: SBI FXTRADE
 ◎ベストシステムトレーディングプラットフォームプロバイダー賞: Tradency(ミラートレーダー開発・提供企業)
 ◎ベストリテールツールブローカー賞: GMOクリック証券
 ◎ベストEA/ストラテジープロバイダー賞: ゴゴジャン
 ◎ベストマーケティングブローカー賞: インヴァスト証券
 ◎ベスト教育ブローカー賞: マネースクウェア・ジャパン
 ◎ベストバイナリーオプションブローカー賞: FXトレード・フィナンシャル
 ◎革新的なスタートアップ賞: Nextop.Asia



これからの戦略的コンプライアンスと明日へのブレイクスルーに期待(Strategic Complience and Breakthrough)


 今回の東京サミットを通じて、革新的な海外のテクノロジー・サービスと日本のFX業界のコミュニケーションやコラボレーションの機会が広がり、様々なニーズを持つ投資家の声や行動分析、そして当局と共に投資家保護とイノベーションという両方をハンドリングしていく戦略的コンプライアンスと明日へのブレイクスルーを目指す挑戦者が数多く生まれることに期待したい。


 こうして、終日にわたり繰り広げられたパネルディスカッション、プレゼンテーション、授賞式、ブース出展、そして、スポンサー企業によるティーブレイク・ランチ・カクテルパーティーの提供など、無料で参加できるイベントとしては格別な内容といえる。海外から多数が来日し、日本国内からだけでは見えない世界の潮流を肌で感じることができた「フォレックス・マグネイト 東京サミット2013」。来年のサミット開催を楽しみにしている。

 なお、個別のパネルディスカッションの内容や、今回の東京サミットの開催に至るまでのグッドウェイのメディアパートナーとしての活動と振り返りについては、後日、写真ニュースメールマガジンの中でコラムやレポートとして紹介していく予定だ。 

 当日、サミット会場で出会った方々、準備をされた方々、各社サービスの運営に携わる全ての業界関係者の方々に、心より感謝したい。

(取材、撮影:藤野 宙志、柴田 潔 /  記事: 藤野 宙志 /  編集・制作: 柴田 潔)




      
      



01:11 | 取材:金融・IT業界向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.