金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/06/14

【三井情報】MKI、国内で利用している全基幹システムをクラウド化へ~クラウドサービスの標準機能に業務を合わせ、半年での本番稼働を目指す~

| by:ウェブ管理者
 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 MKI)は、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)の次世代クラウドERPであるSAP S/4HANA Cloud 、SAPの開発プラットフォーム基盤のSAP Cloud Platformおよび最新アナリティクスソリューションであるSAP Analytics Cloudを全社導入し、MKIグループ基幹システムをクラウドへ移行するプロジェクト(以下、本プロジェクト)を開始しました。MKIは基幹システムのクラウド化へ向けて、国内では例の少ないクラウドサービスの標準機能に業務を合わせる「Fit to Standard (標準への準拠)」に先行的に取り組みます。これによりプロジェクト期間を短縮させ、2019年12月中の本番稼働を目指します。なお、営業支援サービスについては、営業部門の一部で利用していた、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出 伸一)のSalesforce Sales Cloudを展開していきます。

 2018年に政府情報システムにおいてクラウドサービスの利用を第一候補とする「クラウド・バイ・デフォルト原則」が公表されました。企業ではクラウドサービスの利用が検討されていますが、情報セキュリティ等の懸念により基幹システムのクラウド化には不安を感じるお客様も多くいます。MKIでは昨年度策定した「MKI ITグランドデザイン(MKIのIT戦略)」の中で ICT企業として先端技術を先行的に導入することを掲げ、「クラウド・バイ・デフォルト」の原則に立ちMKIグループの全ての基幹システムをクラウドへ移行することを決定しました。MKIは本プロジェクトでクラウドERPの導入方法論を確立し、そこで得たノウハウ・知見を基に、お客様への価値提供だけでなく新たなビジネス創出にも支援していけると確信しています。

 MKIは過去に7社が合併した経緯があり、取り扱う製品・サービスも幅広いことから異なる業務プロセスが混在しており、以前から営業部門の社内事務手続きにかかる工数削減および業務標準化を検討してきました。その結果、「シングルインプット/マルチアウトプット」を目的に、営業部門の一部で利用していた営業支援サービスSalesforce Sales Cloudを全営業部門に展開し、併せてSalesforce EinsteinによるAI(人工知能)を利用した未来予測の向上、マーケティングオートメーションツールであるPardotによる営業活動の支援および効率化を行うことで、プリセールスにおける営業部門社員の働き方改革を支援していきます。また、受注後のプロセスでは今後多くの企業で導入を期待されているSAP S/4HANA Cloudを国内で先行的に導入し、SAP Analytics Cloudと組み合わせて迅速かつ正確な経営の意思決定に役立てます。本プロジェクトを通じ、MKIは「クラウド・バイ・デフォルト」の体現および「Fit to Standard」に取り組み、ここで得た知見を活用しお客様システムへのクラウド導入を積極的に支援していきます。

 なお、MKIではSAP S/4HANA CloudおよびSalesforce Sales Cloud等を導入する過程をホームページ上でお伝えしていく予定です。


原文はこちら
https://www.mki.co.jp/news/information/20190614_1.html

16:05 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.