金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/06/06

【NTTデータ】スマホや店舗での取引を相互連携したトータルサービスを実現~金融機関のコスト削減や収益力向上を目指したデジタルバンキングサービス~

| by:ウェブ管理者
株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、金融機関のコスト削減と収益力向上を目指すデジタルバンキングサービスを提供することとし、第一弾として、「対面相談予約・事前エントリ」サービスを2019年度下期に提供予定です。

デジタルバンキングサービスは、スマートフォンなどを利用した来店を必要としない非対面取引と、来店利用者との対面取引で使用される金融機関の勘定系システムや営業店システムを連携することで、利用者にとって最適な取引方法を提案し、簡潔な取引を実現します。利用者はあらゆる金融機関店舗サービスをスマートフォンで利用できるようになります。金融機関は資産運用や相続などの相談ニーズを確実にキャッチし、プッシュ通知など来店誘導につながるような導線の構築ができます。さらに来店した利用者に対し、非対面取引への体験、誘導も可能となります。

NTTデータは今後、順次サービスを展開予定です。個人向けアプリバンキング「My Pallete」や個人向けインターネットバンキングサービス「AnserParaSOL」、オープン・イノベーションの創発を実現するSOE基盤「OpenCanvas」などを活用し、本サービスを拡大し、全国の金融機関への導入を目指します。

■背景

金融機関では、インターネットバンキングなどの非対面サービス強化やFintechサービスの普及に伴い、従来型の店舗効率化に大きな注目が集まっています。さらに収益力向上に向けたコンサルティング営業の強化なども必要とされ、デジタル化を活用した「業務効率化」と「収益力強化」の実現が求められています。

NTTデータは、これまで個人向けアプリバンキング「My Pallete」や、インターネットバンキングサービス「AnserParaSOL」において、利用者の非対面取引の拡大を進めてきました。また、勘定系システムや営業店システムでは、店舗を中心としたより質の高い営業提案が可能な対面取引の検討を進めています。

NTTデータは、これらのノウハウを生かして、自宅や外出先からの非対面取引から、店舗への来店取引までをトータルでサポートし、利用者のライフスタイルにあった取引サービスを統一的に提供していくことで、金融機関の店舗効率化や非対面取引拡充などの経営戦略をサポートしていくサービスを提供することとし、第一弾として、「対面相談予約・事前エントリ」サービスを2019年度下期に提供予定です。


原文はこちら
https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2019/060601/

15:11 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.