金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート
12345
2019/06/19new

【平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券】再開発ビル名称「KABUTO ONE」に決定、「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」起工式を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年05月21日(火)、平和不動産は、山種不動産ちばぎん証券と共同で進めている「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」の起工式を計画地現地にて開催した。

 起工式当日に建物名称は「KABUTO ONE」であることも明らかにされた再開発ビルは、オフィス・店舗のほか、金融貢献施設(ホール・カンファレンス、ライブラリー・ラウンジ)などから構成される建物となる予定となっている。



 生憎の荒天のため設営されたテント内で行われた起工式には、土本 清幸氏(平和不動産 代表取締役 社長業務代行 専務執行役員)、木下 典夫氏(山種不動産 取締役社長)、花島 恭一氏(ちばぎん証券 取締役社長)が出席。厳かに式が執り行われた。



 式次第に従って地鎮の儀などが粛々と取り行われる。



 起工式終了後、山田 和雄氏(平和不動産 取締役 常務執行役員)が囲み取材に応じ、東京国際金融センター構想と再開発との関連性についての質問に対し、「兜町の再開発は8年かかってようやく1件目に着工できた。これを第1期の1号案件として、2号案件もきるだけ時間を空けずにやっていきたい。すべてを壊して新しい街を創っていくというよりも、地域の資産を活かしていこうという考えで、第一銀行や証券取引所の資産も残しつつ、新しい最先端のビルも作って発展する。開発コンセプトは、『投資家と企業との交流拠点』で、投資家の方々にも来ていただいて色々交流できる場になればと期待している。」と語った。

 ビル名称「KABUTO ONE」には「これまでも、これからも、兜町が日本経済において不変の始まりの地=基点であり続ける」という想いを託し、 2021年7月に建物地上部分および駐車場が開業する予定で、2023年2月の工事完了を目指している。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




18:13 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/19new

【一般社団法人Fintech協会】「地域金融×Fintech企業の取り組み」をテーマとした記者向け勉強会および懇親会をベルサール八重洲で開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年4月18日(木)、一般社団法人Fintech協会は、「地域金融×Fintech企業の取り組み」をテーマとした記者向け勉強会を東京・ベルサール八重洲で開催した。

 モバイル決済サービスが勃興する昨今、地方金融機関も地域性を活かした独自のサービスに注力している中、地方金融機関との取り組みを実施している Fintech企業各社が集まり、現在の動きや今後のトレンド等を記者向けに説明するために開催されたもので、地方金融機関からは北國銀行が登壇した。



 最初に、真田 紀子氏(インフキュリオン・グループ 広報・IR部)より記者レク概要説明が行われ、続いて、丸山 弘毅氏(一般社団法人Fintech協会 代表理事会長、インフキュリオン・グループ 代表取締役)が冒頭にFintech協会について紹介したあと、Fintech協会がキャッシュレスに注目している理由を、消費や家計等の見える化があらゆる金融サービスの入り口になるからだと説明。決済手段や認証手段について見通しや考えを語った。



 次に園 悟志氏(北國銀行 マーケティング部プロダクト課 課長)は、銀行の業態が変わっていく中で地域のキャッシュレスに向けて現金の入り口をなくす取り組みとして平成28年2月から国内で始めて銀行本体で端末を配ってクレジットカードの取り扱いを開始したとし、銀行初の参入となる、ただ商品を買うだけではなく体験を買う、生産者・企業とヒトがつながる通販サイト「COREZO」の概要について紹介した。


 また、宮居 雅宣氏(決済サービスコンサルティング 代表取締役)は、決済サービスの基本構造、普及の歴史、QRコード決済の仕組みと中国決済サービス事情、日本のFintechと地域金融についてを解説。地方との取組については、鹿児島銀行の印鑑レス実証実験や沖縄都市モノレールのQR乗車券などの事例を詳しく紹介した。



各社取り組みについてのパネルディスカッション(1)

<パネリスト>
 田村 栄人氏(ネストエッグ 代表取締役社長)
 鈴木 塁氏(マネーツリー 最高財務責任者) 
 北川 信之氏( マネーフォワード Money Forward X本部  金融機関アライアンス統括責任)

<モデレーター>
 真田 紀子氏(インフキュリオン・グループ 広報・IR部)

 真田氏は、「オープンイノベーションを加速する上で重要な点」、「金融機関へ理解を促す際の課題」、「銀行側が知りたい具体的な情報」について質問し、順にパネリストが回答していった。


 
各社取り組みについてのパネルディスカッション(2)

<パネリスト>
 丸山 弘毅氏(インフキュリオン・デジタル 代表取締役社長) 
 古見 幸生氏(Origami マーケティングディレクター) 
 佐藤 顕範氏(freee 金融事業本部マネージャー 兼 freee finance lab 取締役)

 同様にモデレーターを務めた真田氏は、「信用金庫と連携する狙い」、「現行の銀行サービスに追加で加えたい情報」、「地銀がキャッシュレス化に取り組むメリット」について質問を行った。



 勉強会が終了後は懇親会も行われ、登壇者や関係者が閉会まで意見、情報交換などを行った。地域経済の中核を担う地域金融機関とFintechの融合はまだ手探り状態で歴史が浅い分、普及が加速すれば地域金融から地方創生を後押ししていく可能性もあることから、こうした取組がますます拡がることを期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




18:10 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/19new

【MFS】新たに住宅ローン新規借り入れ可能に、オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック新機能追加」記者発表会を開催!

| by:サイト管理者

 2019年5月8日(水)、MFSは、トラストシティ カンファレンス・京橋にて、オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック新機能追加」記者発表会を開催した。



 記者発表会では、中山田 明氏(MFS 代表取締役CEO)が登壇。来場者へのお礼の言葉と共に、オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」の概要とこれまでの歩みを紹介。これまでの借り換え・管理機能に加えて、新たに提供を開始した「新規借り入れ機能」についてデモンストレーションを交えて解説。5年後の目標値として年間7.2万件(新規実行全体の約10%)の住宅ローン媒介を目指すことを明らかにした。


 今回の新機能を通じてウェブ上で全て完結する住宅ローン・ワンストップサービスを目指すと共に、オンラインで家とローンが同時に探せるサービスの提供に向けてAPIの提供も進めているという。今後のMFSの取組みとサービスの展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




17:54 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/16new

【マネーフォワード】金融機関とFintech企業のコラボレーションによるユーザー体験の再定義、金融機関向けイベント「Fintech&マーケティングフォーラム 2019」開催!

| by:サイト管理者

 2019年6月6日(木)、マネーフォワードは、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて、金融機関向け「Fintech&マーケティングフォーラム 2019」を開催した。

 この日のテーマは、『 User Focus x Co-Creation 』~新しい金融体験が、豊かさを生み出していく~。金融機関とFintech企業のコラボレーションによるユーザー体験の再定義に向け、これからのFintech活用における戦略と可能性について披露した。


 「金融機関を取り巻く状況とマネーフォワードXの今後の取り組み」では、神田 潤一氏(マネーフォワード 執行役員 渉外・事業開発責任者、一般社団法人Fintech協会 理事)が登壇。会社紹介や経営陣紹介のほか、マネーフォワードの特徴・強みとして、ユーザフォーカスしたUI/UX、中小企業向け実績、金融機関向け実績、多種多様な展開を挙げ、金融機関向けサービス(Money Forward X)について紹介した。

 「人生100年時代における家計簿アプリとライフプランソフトの連携」では、北山 雅一氏(キャピタル・アセット・プランニング 代表取締役)が登壇。人生100年時代を支える資産形成サービス「LifeSweet」や、APIによる金融資産アカウントアグリゲーションについて紹介した。


 「オープンAPIプラットフォームの構築と銀行APIの活用事例」では、田邊 圭一氏(T&Iイノベーションセンター フィンテック事業部 システム担当部長)が登壇。

 「Money Forward Lab ご紹介 ~金融データ研究の目指すところ~」では、北岸 郁雄氏(マネーフォワード Money Forward Lab 所長)が登壇。Money Forward Lab(マネーフォワード ラボ)設立の背景と狙い、活動内容について紹介した。

 「デジタル化支援コンサルティングサービスについて」では、河崎 幸徳氏(ふくおかフィナンシャルグループ 営業統括部 部長)が登壇。(写真無し)


 「地域金融機関に求められるクラウド導入コンサルティングについて」では、山邊 泰匡氏(ナレッジラボ 取締役執行役員COO兼CFO)が登壇。強い中小企業の仕組作りと題し、経営分析クラウドサービス「Manageboard」について紹介した。



 「地域金融機関における法人営業の新たなFintech戦略」では、北川 信之氏(マネーフォワード Money Forward X本部 金融機関アライアンス統括責任者)が登壇。法人営業における課題認識と、この日、発表されたプレスリリース「法人用資金管理サービス『Business Financial Management 』を金融機関向けに開発 ~中小企業の複数の銀行口座残高や入出金明細を一元管理、資金の見える化が可能に」について解説、画面イメージを紹介した。

 「これからの社会におけるFintechの役割」では、瀧 俊雄氏(マネーフォワード 取締役 Fintech研究所長、電子決済等代行事業者協会 代表理事)が登壇。付加価値を生むサービスを創造・捻出していくことがFintechの存在意義であるとし、APIの活用や、エクストリームユーザー仮説(究極のペルソナ)として、保育園向け「お金の学校」の実施や、学生に向けたお金のリテラシー向上などの取組みを披露。その上で、スマイルカーブ(Smiling Curve)を用いて、これからの社会と金融業における、注力すべき領域について解説した。



 今回の金融機関向けイベント「Fintech&マーケティングフォーラム 2019」では、これまで開催してきたゲスト中心のイベントから、マネーフォワードとして実際に何が出来るかを示していくフェーズに入ったとし、自社の取り組み内容を色濃く伝える場となった。実質フェーズに入ったFintechの新しいステージに向け、これからの展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




13:13 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/16new

【ちいきん会事務局】熱意ある地域課題の解決へ、金融機関 × 公務員 MEET UP イベント「第2回 ちいきん会」開催!

| by:サイト管理者

 2019年6月8日(土)、ちいきん会事務局は、五反田にある城南信用金庫 本店において、金融機関 × 公務員 MEET UP イベント「第2回 ちいきん会」を開催した。

 ちいきん会事務局は、城南信用金庫第一勧業信用組合内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局金融庁などの有志で運営。この日は、全国の金融機関職員と地方公務員・国家公務員が一堂に集まり、組織の看板、肩書きにとらわれることなく、一緒に地域課題解決に向けて取り組める人たちと出会い、インフォーマルな人的ネットワークを形成し、新たな知恵やコラボが広がることを目的に開催された。



 2回目の開催となる「ちいきん会」は、事務局メンバーの一社でもある城南信用金庫(本店)で行われた。本会場は俳優の福山雅治氏が主役を務める「日曜劇場 『集団左遷!!』」のロケ地でもあり、当日の午前もまさに同会場で撮影を行っていたという。



 普段抱えている組織の看板・肩書きといったものをいったん脱ぎ捨てるというコンセプトの下、参加者はスーツではなく私服で集まり、一人一品、地元の美味しい特産品を持ち寄り懇親会の飲食物として振舞われた。会場では、名札の紐の色別に属性(金融機関、公務員、その他)が分かるようにし、ミートアップでのつながりを支援。Tシャツ姿の事務局スタッフによる準備も進み、オープニングのムービーで会がスタートした。



 開会の挨拶は、菅野 大志氏(金融庁 監督局 第二課 協同組織金融室 総合政策局総合政策課 地域課題解決支援チーム代表)が登壇。参加者へのお礼の言葉と共に、第2回ちいきん会への参加者が約180名に上り、熱量のあるつながりを求める人々が集まったことへの喜びの言葉を述べた。また、地域課題解決チームの活動報告や「新現役交流会」について紹介した。

 続いて、脇 雅昭氏(よんなな会 代表、神奈川県 政策局未来創生担当部長)が登壇。47都道府県の地方公務員と中央省庁で働く官僚をつなげることで、日本全体を有機的につなげることを目的とした「よんなな会」について紹介。また、ハンズアップルールなど運営説明のほか、アイスブレイクを行い、笑顔を増やして仲間を作っていきたいと語った。

 当日は、クウジットが開発したデータ解析技術をもとに、会場前方に設置してあるカメラで「笑顔計測」を実施。末吉 隆彦氏(クウジット 代表取締役社長)が簡単な説明を行った。


 続いて、上田 真吾氏(金融庁 監督局 銀行第二課 協同組織金融室長)がちいきん会Tシャツの姿で登壇。上からよりも現場からの盛り上がりを大事にしたいと述べ、ちいきん会への期待の言葉を述べた。ちいきん会の肩書を脱ぎ捨てるというコンセプトのもと、肩書にとらわれず肩を組みあう姿も見られた。



 「地元の熱い公務員を探すには?」では、後藤 好邦氏(山形市 企画調整部 企画調整課 課長補佐 兼 政策調整係長)が登壇。500名を超えるメンバーで活動している、自治体や民間企業の職員・学生など様々な立場の人が交流・情報交換するコミュニティ「東北まちづくりオフサイトミーティング」の発起人でもある後藤氏は、全国47都道府県に「愉快な仲間たち」がいるという。



 ゲスト公演「それホントに本業ですか?~カヤックによる地域に根差した活動の展開」では、佐藤 純一氏(面白法人カヤック グループ戦略 担当執行役員)が登壇。鎌倉の地域企業でありながら「まちをオフィスに、オフィスをまちに」を掲げ、まちをつなげるための様々な「しかけ」を作っているという。講演の中で紹介された「社畜ミュージアム(動画)」は、社会人なら誰しもが一度は経験したであろう「社畜あるある」についての動画で、会場の笑いを誘った。



 ゲスト公演「味覚定量化技術(センサー)の活用による地方創生」では、2社の企業がそれぞれ登壇した。

 まず初めに、鈴木 隆一氏(AISSY 代表取締役社長)より「味覚センサー「レオ」技術・事例紹介」と題して講演。食の未来を見えるかすることをコンセプトに活動しており、様々な企業の業績改善に味覚センサーが活躍した事例を紹介した。

 続いて、高橋 貴洋氏(味香り戦略研究所 研究開発部 主席研究員)より「おいしさを数値化するという仕事」と題して講演。足のにおいに、バニリンというバニラの香りの主成分を足すとチョコレートのにおいになるといった豆知識で会場を驚かせた。



 「信用金庫の地方活性化への取組み」では、宮川 成司氏(城南信用金庫 地域発展支援部 上席調査役)が登壇。金融機関の枠を超え、社会貢献企業としての信用金庫が取り組んでいる事例である、「“よい仕事おこし”フェア」などついていくつか紹介した。

 「官と金による地域活性化に寄与した事例」では、八高 篤史氏(第一勧業信用組合 未来開発部 創業支援室)が登壇。「地方生産地方消費」から「地方生産都市消費」へと地域間の資金循環を活性化させるための施策、組合の連携状況などについて説明を行った。

 「第一勧信と松坂市の連携事例」では、北出 俊哉氏(第一勧業信用組合 未来開発部、松坂市役所 商工政策課)が登壇。創業支援イベントや地域のお祭りへの参加など取組みについて説明を行った。



 全てのプログラムを終え、参加者全員で記念撮影。



 休憩中は参加者同士で歓談。ハンズアップルールによってスムーズに次のプログラムへと進んだ。続いて、江上 広行氏(URUU 代表取締役)が進行を務め、「熱い思いを発信するテーマピッチ」がスタート。


(1)「ESG金融解説動画のご紹介」
   渡辺 幸子氏(環境省 大臣官房 総合政策課 企画評価・政策プロモーション室 環境専門調査員 技術士)
(2)「Local10,000 プロジェクトについて」
   東 宣行氏(総務省 地域力創造グループ 地域政策課)
(3)「地方において若手金融機関職員がすべきこと」
   榮 大吾氏(周防大島町 白木半島地区コミュニティ協議会 集落支援員)
(4)「電子地域通貨を活用した地域活性化の取組み」
   川田 修平氏(フィノバレー
(5)「共感資本社会の実現を目指す」
   枩山氏(eumo 経営企画室)



 ピッチ後は、それぞれの登壇者をサークルで囲み、グループワークでディスカッション。各サークルにはファシリテーターが一人参加し、人形を持っている人のみが発言権を持つというルールの下、すべての人が話す機会を設けていた。ファシリテーターはきらぼし銀行、全国労働金庫協会、商工組合中央金庫の有志の方々が務めた。



 グループセッション終了後、「仲間集め~皆さん、聞いてください!~」と題して10名がピッチを行った。

(1)「激増する課題である 空き家と事業継承の問題を解決したい」 近藤 威志氏(総務省 地域力創造アドバイザー)
(2)「古民家の活用」 山野井 友紀氏(日本政策投資銀行
(3)「Fintechで地方創生!」 箕浦 信氏(大垣共立銀行 IT総括部)
(4)「地方創生と連動した地域密着の取組み」 河合 亮介氏(あいおいニッセイ同和損保 地方創生戦略室)
(5)「「事例から学ぶESG地域金融の在り方」セミナー東京開催のお知らせ」 石井 規雄氏(環境省 大臣官房 環境経済課)
(6)「楽しい仕事が生まれる職場ってどんな感じ?」 本間 唯人氏(藤沢市役所
(7)「異動」 小笠原 秀氏(多摩信用金庫
(8)「よんなな×スタートアップ会について」 水口 怜斉氏(経済産業省 新規事業創造推進室 係長(J-Startup担当))
(9)「Small Giants Award 企業推薦のお願い」 藤吉氏、山田氏(Forbes JAPAN
(10)「キラキラ・トキメキある仕事で業績アップ!」 皐月 エミー氏(マイネム

 最後に、笑顔計測によって求められた、瞬間トップ3が発表された。
 1位:講演途中のストレッチ時
 2位:「社畜ミュージアム」動画視聴時
 3位:笑顔計測説明後の脇氏登場時(2度目)



 乾杯の挨拶は、川本 恭治氏(城南信用金庫 理事長)が登壇。川本氏による乾杯の音頭で懇親会がスタート。一人一品で持ち込まれた地元の美味しい特産品が振舞われた。



 懇親会では、隣り合う人が次々とつながり、親睦を深め合った。中締めは、油布 志行氏(金融庁 監督局 審議官)が登壇。



 最後は、ちいきん会事務局スタッフが並び、再度感謝の言葉を述べた。第2回開催も大盛況となり、次回もぜひ開催したいとし、菅野氏の一本締めで締めくくった。

 ちいきん会事務局は、産学官連携を有効に機能すべく、地域内外において地域課題の解決に熱意・志をもったキーパーソンを探し出す必要があるとし、今回、組織の看板、肩書きにとらわれないMEET UP イベント「第2回 ちいきん会」を開催した。

 「地域のために何かがしたい」、「一緒に進んでいける仲間が欲しい」など、熱量が高く、強い想いを持った金融機関職員や公務員の出会いを通じて、地域課題解決への新たな知恵やディスカッション、コラボレーションが生まれることに期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




07:16 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.