金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/10/10

【矢野経済研究所】ITアウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2018年) ~2018年度のITアウトソーシングサービス市場規模は前年度比102.4%、4兆1,175億円の見込

| by:ウェブ管理者
株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のITアウトソーシングサービス市場を調査し、現況、領域別の動向、および将来展望を明らかにした。

1.市場概況
2018年度の国内ITアウトソーシングサービス市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比102.4%、4兆1,175億円の見込みである。
本調査におけるITアウトソーシングサービス市場は大きく、「データセンター関連サービス」および「オンサイト運用・保守サービス」から構成される。まず、データセンター関連サービスにおいてはクラウドの普及によりクラウドサービス提供事業者によるデータセンター利用が加速している。
次にオンサイト運用・保守サービスは、ユーザー企業がデータセンター関連サービスへのシフトを進めており、引き続き利用が減少している傾向にある。特にIT機器単価の下落による保守サービス料金の低下や仮想化技術の普及により、サーバーのみならずストレージ、ネットワークまで統合した、ハイパーコンバージドインフラ(HCI:Hyper Converged Infrastructure)製品の登場も影響し、保守対象となるICT機器の台数が減少傾向にあることが影響していると考える。

2.注目トピック
ハイパースケーラーの存在感が益々高まる
国内のデータセンター需要のけん引役として、クラウドサービスの急速な広がりがある。クラウドサービスは当初、ゲーム業界などのネットビジネス分野での利用が中心あったが、その後、スマートフォンの急激な普及などもあり、モバイルアプリケーション分野でのクラウドサービス利用が進んだ。
最近では、海外のハイパースケーラーを中心としたクラウドサービス提供事業者が日本国内にデータセンターを積極的に開設しており、大きなけん引役として存在感を益々高めつつある。また、既存のデータセンター事業者との提携も積極的に進めている。

3.将来展望
クラウドサービスなども含めたデータセンター関連サービスの利用が増加している一方で、オンサイト運用・保守サービスの利用が減少しているものの、ITアウトソーシングサービス市場全体としては、引き続き拡大しており、今後も安定した成長を見込む。
2016年度から2021年度までの国内ITアウトソーシングサービス市場全体の年平均成長率(CAGR)は2.1%で推移し、2021年度の同市場規模(事業者売上高ベース)は4兆3,579億円に達すると予測する。


原文はこちら
http://www.yano.co.jp/press/press.php/002005

15:00 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.