金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/10/10

【ISID】みずほFGらと連携し福岡のはしご酒イベントにチケットレス・キャッシュレスアプリを提供

| by:ウェブ管理者
株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:坂井 辰史、以下みずほFG)、株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、以下みずほFGと総称して<みずほ>)および株式会社Blue Lab(代表取締役社長:山田 大介)が福岡商工会議所と連携して10月31日(水)から実施する「スマートスタジアム構想※1の実現に向けた『なんかせんばはしご酒大会※2』における実証実験」において、一般客が利用するチケットレス・キャッシュレスアプリを、ISIDが提供するバックエンドサービス(BaaS※3)「Facere(ファケレ)」を用いて構築しました。

本実証実験では、福岡市内の3つの地域で行われる飲食イベント「第1回なんかせんばはしご酒大会」において、一般客がスマートフォンでチケットを購入・利用できる仕組みを提供します。「スマートスタジアム構想」における地域活性化ソリューションの一環として、地域向けイベントを対象に、チケットレス・キャッシュレスにおける利便性の向上、チケットレスにて得られる顧客行動情報の利活用およびキャッシュレスにて得られる決済付随情報についての実現性を検証します。

Facereは、スマホアプリやWebアプリの開発・運用に必要となるログイン認証や会員管理などの基本機能や、用途に応じて自由にカスタマイズできるサンプルアプリをGoogle Cloud Platform™※4上で提供し、スピーディで効率的なアプリ開発を支援するバックエンドサービスです。(ソリューション詳細はこちら別ウインドウで開くを参照ください。 ) 本実証実験に向けてISIDは、一般客向けのアプリ機能のほか、主催者向け・店舗向けの管理機能、販売・利用実績データの蓄積機能、みずほFGのIoT決済プラットフォームとのデータ連携機能などを、Facereを用いて開発しました。


原文はこちら
https://www.isid.co.jp/news/release/2018/1010.html

15:03 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.