金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/12/05

【freee】freee、名古屋銀行との参照系API連携を開始~地方銀行を取り巻く経営環境が厳しさを増す中、業務の生産性向上をサポート~

| by:ウェブ管理者
 freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下「freee」)は、株式会社名古屋銀行(本社:愛知県名古屋市、取締役頭取:藤原一朗、以下「名古屋銀行」)と参照系のAPI(注1)を活用したインターネットバンキングの利用明細の取り込みを開始したことをお知らせします。

API連携以前は、名古屋銀行のインターネットバンキングのユーザーIDとパスワードを会計freee上に保存していただくことで、その情報を用いてシステムが機械的にオンライン・サービスへログインし、利用明細を「クラウド会計ソフト freee(以下、会計freee)」に取り込んでいました(注2)。今回の連携により、ユーザーは「会計freee」にユーザーIDとパスワードを保存することなく、名古屋銀行の利用明細を自動連携できるようになり、より安全かつ安定的に「会計freee」での自動仕訳など明細連携のメリットを享受いただけるようになります。

 今回の連携により、「会計freee」と銀行のAPI連携実績は10行(注3)となります。

 freeeは2018年9月に電子決済等代行業(注4)の登録を完了しました。今後も各金融機関との連携を進め、お客様にとって使いやすいサービスを目指してまいります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000006428.html

15:04 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.