金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/12/07

【お金のデザイン】20代、30代に聞いた「人生100年時代」の ”生存戦略”とは~平成育ちの20~30代は『失敗しない』『損しない』生き方を好む 情報を駆使してより良い選択をすることが、現代を「生き抜く力」と回答~

| by:ウェブ管理者
・「失敗したくない」「損しないために事前に調べたい」と答えた人は約7割
・現代を生き抜く必須アイテムBEST3は「お金」「スマホ・パソコン」「家族」
・人生100年時代の必須スキルは20~60代の全世代共通で「情報検索・選択力」「柔軟性」が上位
・20~30代は新しいサービスを積極的に活用し、6割がキャッシュレスを日常的に利用、約8割がポイントや電子マネーを保有

AI搭載ロボアドバイザーでおまかせ資産運用 THEO [テオ]を提供する、株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 仁、以下:お金のデザイン)は、20~60代の男女1,000名(各年代 男女それぞれ100名)に「20-30代のお金と生活に関する調査」を実施しました。

調査の結果、先行き不透明な「人生100年時代」を生き抜くために、平成育ちの20~30代は、失敗しない生き方を好み、情報を駆使してより良い選択をし、大きなリスクを避ける傾向にあることが分かりました。

具体的には、20~30代の7割が「失敗したくない」「損しないために事前に調べたい」と回答し、リスクを取るより、間違いのない選択を選ぶ傾向が見えました。

また、現代を生き抜く必須アイテムベスト3に「お金」「家族」と並んで「スマホ・パソコン」がランクインしていることから、情報に対する意識の高さが伺えます。

さらに「人生100年時代を生き抜く必須スキル」は、全世代を通して「情報検索・選択力」「柔軟性」が上位になり、情報社会を映す結果となりました。特に20~30代は情報を駆使し衣食住や仕事・恋愛にいたるまで新サービスを積極的に取り入れるなど、現代を生き抜く2つの力である「情報検索・選択力」「柔軟性」で、他の世代をリードしていることがわかりました。

その他の特徴として、効率を重視する20~30代はキャッシュレスにも意欲的で6割以上が日常的に使用しているほか、デジタルマネーの保有率も高く、現金同様の価値があると回答しておりお金との付き合い方に変化が見られます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000098.000018295.html

15:02 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.