金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2013/07/22

【リッキービジネスソリューション(RBS)】『グローバルマーケットソリューションズ 2013(GMS2013)』開催。2日間で多くの金融市場関係者が来場!

| by:ウェブ管理者



 2013年7月11日(木)~12日(金)、リッキービジネスソリューション(RBS)は、東京・ベルサール八重洲において、今年で4回目となる『グローバルマーケットソリューションズ 2013(Global Market Solutions : GMS2013)』を開催しました。


 開催2日間の延べ参加人数は1,060名、金融機関(市場、リスク管理、システム、経営企画、監査、審査部門)、事業法人(財務部門)、機関投資家、エネルギー・コモディティ関連企業、市場系システム・情報ベンダー各社のキーマンのほか、監査法人、会計事務所、大学関係、マスメディアなどが来場し、会場は金融・IT業界の関係者で終日賑わいました。


 また、併設されたスポンサー各社の金融IT展示ブースでは、最新ソリューションの紹介や業界動向に関する情報交換などが行われ、隣接した商談ルームでは、更なる具体的な説明や質疑応答・次へのアクションに向けた打合せが多数行われました。




 フォーラムでは、市場運用、情報管理、リスク対策について先端的な取り組みや手法、実務上の課題について最先端かつ実践的な講演が行われたほか、基調講演「金融危機を経て金融機関に望むこと」(元金融庁長官 五味 廣文 氏)、「これからの金融行政」(金融庁総務企画局審議官 遠藤 俊英 氏)など、2日間で40コマを超える講演が行われました。

 講演の主な分類としては、(1)金融機関・取引所・団体の取り組み(東京商品取引所による総合エネルギー市場創設、東京金融取引所によるシステム更改と市場活性化、楽天銀行の経営戦略、ワールドゴールドカウンシルによる通貨分散としての金投資)、(2)著名な有識者を交えたパネルディスカッション(日本金融監査協会によるアベノミクスとリスクマネジメント、トムソン・ロイター・マーケッツによる債券ポートフォリオ管理)、(3)アカデミック・監査法人(東京大学、一橋大学、慶應義塾大学などによる金融リスクの制御、量的・質的緩和と金融機関行動、原発危機と金融市場、あずさ監査法人によるグローバル・ガバナンス態勢)、(4)その他ベンダー系スポンサー各社のテーマやソリューションの紹介などに分けられます。



 初日の講演終了後は講師、スポンサー、来場者によるネットワーク・ドリンクス(懇親会パーティー)も行われ、軽食と飲み物を片手に、活発な情報交換が行われました。



 アベノミクス、市場統合、グローバル化が進む金融・IT業界の潮流。来年は節目となる5回目を迎える『グローバルマーケットソリューションズ 2014(GMS2014)』(予定)に向けて、今回のGMS2013を通じて結び付いた出展企業と来場者における未来の創造・共存共栄のエコシステムの実現が加速する取り組みに注目し、応援していきたいと思います。


  
  
  
  
  
  
  
  

(取材、撮影、記事: 藤野 宙志、柴田 潔 /    編集・制作: 柴田 潔)

 GMS2013を主催したリッキービジネスソリューションは、企業と金融機関をつなぐベスト・ソリューション・パートナーとして、財務・金融ソリューション、収益改善・事業再生コンサルティング、M&A・事業継承の支援、カンファレンス事業、金融機関従事者向けの教育・研修のほか、地方銀行連携「地方からの贈り物」プロジェクトや、「地方銀行フードセレクション」など、全国の地域色豊かな食材の普及を通じて地域活性化を推進している企業です。


01:14 | 取材:金融・IT業界向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.