金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/06/14

【みずほ銀行】東日本高速道路株式会社向け「ソーシャルローン」のアレンジャー就任について

| by:ウェブ管理者
株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治)は、本日、東日本高速道路株式会社(以下、「NEXCO東日本」)が調達を計画するシンジケーション方式のソーシャルローンのアレンジャーに就任しました。 なお 、当行がソーシャルローンのアレンジャーに就任するのは初めてです。

ソーシャルローンとは、その調達資金を「社会的課題を解決する事業」に充当することを目的としたローンです。今般、NEXCO東日本は、国際資本市場協会(ICMA)が定めるソーシャルボンド原則(※1)に準拠したソーシャル・ファイナンス・フレームワークを策定し、株式会社格付投資情報センター(以下、「R&I」)からソーシャル・ファイナンス(※2)に関する第三者評価(R&Iソーシャルボンドオピニオン)を高速道路会社として初めて取得しました。

NEXCO東日本は、これまでも高速道路事業において、「地域活性化」、「災害対策」、「交通安全の推進」、「環境保全」といった観点からも積極的に取り組み、社会に貢献しています。

サステナビリティへの取り組みを積極的に進めている当行は、NEXCO東日本の社会課題を解決する事業を支援すべく、ソーシャルローンを組成します。

〈みずほ〉は、サステナビリティへの取り組みについて戦略との一体性を高め、グループ全体で推進する態勢を強化しています。総合金融グループとして知見を活かし、SDGs達成に貢献する事業への資金調達支援をはじめ、多様なソリューションの提供に積極的に取り組んでいきます。


原文はこちら
https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20190614release_jp.pdf

16:04 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.