金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート
12345
2019/06/24new

【ソラミツ】日本発ブロックチェーンが世界へ前進!「Hyperledger Iroha 商用バージョンV1.0」リリース記者説明会を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年5月8日(水)、ソラミツは、中央区八重洲のセントラルカンファレンスセンターにおいて、日本発のブロックチェーン「Hyperledger Iroha 商用バージョンV1.0リリース」記者会見を開催した。(プレスリリース

 説明会では
ソラミツが最初に開発したオープンソースのブロックチェーンが、IBM、Intelに続いて世界で3番目にThe Linux FoundationにV1.0商用バージョンとして正式に認定されたことが発表された。



 当日は、池垣 孝氏(ソラミツ 経営管理部)が来場者への御礼の言葉を述べつつ進行を担当。

 冒頭に長 稔也氏(Hyperledger 理事、日立製作所 シニアエンバンジェリスト)は挨拶で、Hyperledgerの概要説明の後、「企業ユースのコミュニティを利用し、Hyperledgerやブロックチェーン技術を発展していただければ」と語った。
 
 続いて福安 徳晃氏(The Linux Foundation バイス プレジデント)が登壇。The Linux FoundationがホストしているHyperledgerプロジェクトについて概要を説明した。


 途中、当日に出席できなかった岡田 隆氏(ソラミツ 共同最高経営責任者)と武宮 誠氏(ソラミツ 共同最高経営責任者)のビデオレターもスクリーンに投影された。

 ビデオの後は、「日本初ブロックチェーンへの期待」では、元ソニー会長の出井 伸之氏(クオンタムリープ 代表取締役 ファウンダー&CEO )が登壇。出井氏は、ブロックチェーンを知ったときに革命が来ると思ったが、これからが始まりであり序曲の次のシンフォニーが始まろうとしているとし、今後大きな変化が出てきて、プラットフォーマー以上の新しいビジネスモデルが創造されるのではないかと語った。


 最後に宮沢 和正氏(ソラミツ 特別顧問 SORSディレクター)が登壇し、Hyperledger Iroha 商用バージョンV1.0について紹介。このソリューションによりブロックチェーンの導入が格段に容易となり、デジタル資産管理、マルチシグニチャーによる署名管理、プライバシー保護等が可能になる点を説明。世界中の開発コミュニティのメンバーと共にHyperledger Irohaのさらなる技術革新に挑んでいく意向を明らかにした。

 今回の商用バージョンのリリースにより、日本から世界へオープンソースのブロックチェーン技術を提供できることで、国際的な銀行間決済や、金融機関向けの本人認証プラットフォーム、キャッシュレス決済など様々な革新的サービスの開発を進めるソラミツの今後に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




18:13 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/23new

【つくば市役所スタートアップ推進室】スタートアップ形成とコミュニティづくりに向けて、「つくばスタートアップエコシステムのコミュニティ意見交換会」を開催!

| by:サイト管理者

 2019年5月16日(木)、つくば市役所スタートアップ推進室は、フォトシンス(Photosynth)オフィスにて、「つくばスタートアップエコシステムのコミュニティ意見交換会」を開催した。会場には、つくば市に所在する各研究機関の研究者および研究機関発スタートアップ、都内の企業・スタートアップ・政府関係者が訪れた。



 この日は、つくば市の研究者と、東京で働く経営人材やビジネスディベロップメントを行う人材とが「つくばスタートアップエコシステム(つくば市スタートアップ戦略概要版)」を形成すべく、コミュニティを形成することを目的に開催。筑波研究学園都市には、JAXAや筑波大学をはじめ約150の研究機関と約2万人もの研究従事者が日夜研究に従事しているという。



 「開会の挨拶」では、毛塚 幹人氏(つくば市 副市長)が登壇。お礼の言葉と共に、意見交換会の開催に至った背景と狙い、つくば市の歴史と現状、特徴や課題について紹介。研究成果の社会実装に向けて産業につなげていくべく、スタートアップ推進に力を入れているとした。また、近年のつくば市を取巻く不動産の動きに触れ、これまでの弱みを強みとして捉え、研究の街から社会に生かしていく街への転換期にあり大事なときを迎えているとし、ぜひ関係者で一丸となって議論してほしいと語った。



 続いて、会場を提供した河瀬 航大氏(フォトシンス 代表取締役社長 CEO)が登壇。筑波大学の出身で、起業家でもある河瀬氏より、IoTを活用した最新のクラウドサービス「Akerun入退室管理システム」について紹介。自身の経験を振り返り、ビジネスにおける人間のつながりやコミュニティの必要性、結束の場の重要性を唱えた。




 「つくば市のスタートアップ戦略について」では、高瀬 章充氏(つくば市 経済部 産業振興課 スタートアップ推進室 スタートアップ推進監)が登壇。高瀬氏は、これまで3社の起業経験を持ち、つくば市のスタートアップ戦略の概要や「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」など事例を紹介。つくば市民を巻き込んだ活動のほか、インキュベーション施設の開設、つくば版SBIR、研究機材のハッカソン・シェアリングの実施、スタートアップ向け社会実装トライアル支援などについて解説した。



 「地域経済エコシステム形成の取組み」では、小林 剛也氏(財務省 大臣官房地方課 総務調整企画室長)が登壇。小林氏は、在ドイツ日本国大使館勤務時代に手掛けた「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)」の活動をはじめ、イノベーションとスタートアップのアーキテクチャーについて解説。これまでの既存の共有コンセプトや支援メニューとは別に、空白空間の取り込みと再定義(Strategy of the Void)として私見を披露。偶然の出会いを大事にしながら、つくば市のポテンシャルを最大限に生かし、つくば市と東京の人材が身近な関係でつながっていけるコミュニティが生まることへの期待の言葉を述べた。



 グループディスカッション「つくばでスタートアップコミュニティをつくるには」では、少人数のチームに分かれ、自由討論を行った。各グループで課題を設定し、解決策を探るなど議論が繰り広げられた。



 各グループによる発表では、それぞれ模造紙を使いながら、ディスカッションした内容について披露した。



 すべてのプログラムが終了し、同会場で交流会が行われた。交流会の途中には、江渡 浩一郎氏(国立研究開発法人産業技術総合研究所 知能システム研究部門 スマートコミュニケーション研究グループ 主任研究員 博士(情報理工学))より、つくば初のメイカーフェア「Tsukuba Mini Maker Faire」の開催予定について紹介。最後に、高瀬氏、毛塚氏より、参加者へのお礼の言葉と共に意見交換会を締めくくった。



【参考:意見交換会の開催に至った背景】2019年4月15日(月)、つくばサイエンスアカデミーは、文部科学省研究交流センターにおいて、第132回「つくば科学・技術産業イニシアテイブ」を開催。


(photograph : Masashi Nozaki)

 この日の講演「Tsukuba`s potential in the context of Innovation & Startup」では、小林 剛也氏(財務省 大臣官房地方課 総務調整企画室長、日独産業協会(DJW) 特別顧問)が登壇。「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)」の活動、地域経済エコシステム形成に向けた取組みとして開催されたシンポジウム&ミートアップイベント「エンジン!(ENGIN!)」といったこれまで同氏が関わってきたプロジェクトを素材として、イノベーションの本質についてシュンペーターなどを引用しつつ議論。既存の産業、職業分野別のネットワーク概念の中にVoid(空白)空間を創出し、既存のネットワークの中での経済活動を前提としてしまうという固定観念を一旦破壊することによって『破壊的ネットワーク』が生まれ、新たな価値創造に繋がる、との私見を披露。
 その上で、研究都市つくばと、東京をはじめとする外部空間とが『破壊的ネットワーク』を形成することで、つくばの研究シーズと東京等の経営人材、マーケティング人材とが「つくばスタートアップエコシステム」を形成してゆく可能性について語った。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




07:38 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/22new

【ベーシック】短期間で事業価値を最大限に高める、SaaS領域スタートアップ向けのアクセラレータープログラム「B-SKET Batch2(Demo Day)」最終報告会を開催!

| by:サイト管理者


 2019年6月14日(金)、ベーシックは、Nagatacho GRiDにおいて、SaaS領域スタートアップ向けのアクセラレータープログラム「B-SKET Batch2(Demo Day)」で最終報告会を開催した。会場には、採択スタートアップ経営陣、Basicメンバー、事業会社幹部、投資家、コンサル/弁護士/政府関係者、メディアなどから多数の参加者が訪れた。



 プログラム責任者の挨拶では、田所 雅之氏(ベーシック チーフストラテジーオフィサー / ユニコーンファーム 代表取締役)が登壇。アクセラレーターの使命と狙いについて紹介。スタートアップにもたらす価値として、Basicのアセット/ネットワークの活用、事業の加速、専門家からのメンタリングやアドバイスを挙げ、事業価値を最大化させるとし、この日の最終報告会(Demo Day)までの活動とアジェンダについて解説した。



 パネルディスカッション「IPOを目指スタートアップに必要なもの」では、白石 崇氏(ライトアップ 代表取締役社長)、岡 隆宏氏(一般社団法人日本スタートアップ支援協会 代表理事、夢展望 創業者)、木村 忠昭氏(アドライト 代表取締役)、守屋 実氏(ラクスル 創業/立上げ参画)が登壇、モデレーターは野本 遼平氏(グロービス・キャピタル・パートナーズ シニア・アソシエイト)が務めた。パネルでは、IPOを経験した立場から、IPOを行った理由や背景、IPO前後の大変さ、乗り越えてきたポイント、仕組化、組織や会社としての進化、採用など、それぞれの実体験や本音、秘訣の数々が披露された。

 続いて、プログラムに採択されたスタートアップ4社(WeldrowCaratガラパゴスLEARNie)が登壇した。



 1社目「官民連携を促進するプラットフォーム」は、吉本 翔生氏(Weldrow 代表取締役社長)が登壇。

 2社目「スマート採用を実現するAIエージェント「GLIT」を提供」は、松本 直樹氏(Carat 代表取締役 兼 CEO)が登壇。



 3社目「AIでデザイン業界を変革」は、中平 健太氏(ガラパゴス 代表取締役社長)が登壇。

 4社目「コミュニケーションを価値あるアセットに変える」は、南部 洋志氏(LEARNie 代表取締役社長)が登壇。



 続いて、各賞の審査結果が発表された。

 ・MVT(Most Valuable Team)賞:ガラパゴス(AIでデザイン業界を変革)
 ・Basic賞:Weldrow(官民連携を促進するプラットフォーム)
 ・B-SKET賞:LEARNie(コミュニケーションを価値あるアセットに変える)
 ・参加賞:Carat(スマート採用を実現するAIエージェント「GLIT」を提供)
 



 すべてのプログラムが終了し、記念撮影へ。クロージングの挨拶では、秋山 勝氏(ベーシック 代表取締役)が登壇。参加者へのお礼の言葉と共に、自らの経験談を交えつつ、今回の「B-SKET Batch2」の成果に触れ、感謝の言葉で締めくくった。

 最後に、採択スタートアップ企業のメンバーから、田所氏への感謝を込めて用意したサプライズプレゼントとして、田所氏の明言をまとめた「起業の科学」スタンプが披露された。


  懇親会では、岡 隆宏氏(一般社団法人日本スタートアップ支援協会 代表理事、夢展望 創業者)より、プログラム期間を振り返り、これからの益々の活躍への期待を込め、乾杯の挨拶を行った。用意された食事や飲み物と共にネットワーキングを通じて、採択スタートアップ企業のメンバー、メンターや関係者同士で親睦を深め合った。

 なお、次なる「B-SKET Batch3」も開催(募集:2019年8月、プログラム期間:2019年9月~12月)されるという。興味があり挑戦されたい方は、是非参加されたい。

 (取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





11:55 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/19new

【平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券】再開発ビル名称「KABUTO ONE」に決定、「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」起工式を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年05月21日(火)、平和不動産は、山種不動産ちばぎん証券と共同で進めている「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」の起工式を計画地現地にて開催した。

 起工式当日に建物名称は「KABUTO ONE」であることも明らかにされた再開発ビルは、オフィス・店舗のほか、金融貢献施設(ホール・カンファレンス、ライブラリー・ラウンジ)などから構成される建物となる予定となっている。



 生憎の荒天のため設営されたテント内で行われた起工式には、土本 清幸氏(平和不動産 代表取締役 社長業務代行 専務執行役員)、木下 典夫氏(山種不動産 取締役社長)、花島 恭一氏(ちばぎん証券 取締役社長)が出席。厳かに式が執り行われた。



 式次第に従って地鎮の儀などが粛々と取り行われる。



 起工式終了後、山田 和雄氏(平和不動産 取締役 常務執行役員)が囲み取材に応じ、東京国際金融センター構想と再開発との関連性についての質問に対し、「兜町の再開発は8年かかってようやく1件目に着工できた。これを第1期の1号案件として、2号案件もきるだけ時間を空けずにやっていきたい。すべてを壊して新しい街を創っていくというよりも、地域の資産を活かしていこうという考えで、第一銀行や証券取引所の資産も残しつつ、新しい最先端のビルも作って発展する。開発コンセプトは、『投資家と企業との交流拠点』で、投資家の方々にも来ていただいて色々交流できる場になればと期待している。」と語った。

 ビル名称「KABUTO ONE」には「これまでも、これからも、兜町が日本経済において不変の始まりの地=基点であり続ける」という想いを託し、 2021年7月に建物地上部分および駐車場が開業する予定で、2023年2月の工事完了を目指している。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




18:13 | 写真:金融・IT業界向け
2019/06/19new

【一般社団法人Fintech協会】「地域金融×Fintech企業の取り組み」をテーマとした記者向け勉強会および懇親会をベルサール八重洲で開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年4月18日(木)、一般社団法人Fintech協会は、「地域金融×Fintech企業の取り組み」をテーマとした記者向け勉強会を東京・ベルサール八重洲で開催した。

 モバイル決済サービスが勃興する昨今、地方金融機関も地域性を活かした独自のサービスに注力している中、地方金融機関との取り組みを実施している Fintech企業各社が集まり、現在の動きや今後のトレンド等を記者向けに説明するために開催されたもので、地方金融機関からは北國銀行が登壇した。



 最初に、真田 紀子氏(インフキュリオン・グループ 広報・IR部)より記者レク概要説明が行われ、続いて、丸山 弘毅氏(一般社団法人Fintech協会 代表理事会長、インフキュリオン・グループ 代表取締役)が冒頭にFintech協会について紹介したあと、Fintech協会がキャッシュレスに注目している理由を、消費や家計等の見える化があらゆる金融サービスの入り口になるからだと説明。決済手段や認証手段について見通しや考えを語った。



 次に園 悟志氏(北國銀行 マーケティング部プロダクト課 課長)は、銀行の業態が変わっていく中で地域のキャッシュレスに向けて現金の入り口をなくす取り組みとして平成28年2月から国内で始めて銀行本体で端末を配ってクレジットカードの取り扱いを開始したとし、銀行初の参入となる、ただ商品を買うだけではなく体験を買う、生産者・企業とヒトがつながる通販サイト「COREZO」の概要について紹介した。


 また、宮居 雅宣氏(決済サービスコンサルティング 代表取締役)は、決済サービスの基本構造、普及の歴史、QRコード決済の仕組みと中国決済サービス事情、日本のFintechと地域金融についてを解説。地方との取組については、鹿児島銀行の印鑑レス実証実験や沖縄都市モノレールのQR乗車券などの事例を詳しく紹介した。



各社取り組みについてのパネルディスカッション(1)

<パネリスト>
 田村 栄人氏(ネストエッグ 代表取締役社長)
 鈴木 塁氏(マネーツリー 最高財務責任者) 
 北川 信之氏( マネーフォワード Money Forward X本部  金融機関アライアンス統括責任)

<モデレーター>
 真田 紀子氏(インフキュリオン・グループ 広報・IR部)

 真田氏は、「オープンイノベーションを加速する上で重要な点」、「金融機関へ理解を促す際の課題」、「銀行側が知りたい具体的な情報」について質問し、順にパネリストが回答していった。


 
各社取り組みについてのパネルディスカッション(2)

<パネリスト>
 丸山 弘毅氏(インフキュリオン・デジタル 代表取締役社長) 
 古見 幸生氏(Origami マーケティングディレクター) 
 佐藤 顕範氏(freee 金融事業本部マネージャー 兼 freee finance lab 取締役)

 同様にモデレーターを務めた真田氏は、「信用金庫と連携する狙い」、「現行の銀行サービスに追加で加えたい情報」、「地銀がキャッシュレス化に取り組むメリット」について質問を行った。



 勉強会が終了後は懇親会も行われ、登壇者や関係者が閉会まで意見、情報交換などを行った。地域経済の中核を担う地域金融機関とFintechの融合はまだ手探り状態で歴史が浅い分、普及が加速すれば地域金融から地方創生を後押ししていく可能性もあることから、こうした取組がますます拡がることを期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




18:10 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.