金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート
12345
2019/01/04

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】麻生財務大臣を来賓に招き、新春恒例の2019年大発会を開催!亥年の株式取引がスタート!

| by:ウェブ管理者


 2019年1月4日(金)、東京証券取引所は新春恒例の大発会を東証アローズ オープンプラットフォームで開催した。

 今年のセレモニーでは昨年同様に副総理兼財務・金融担当大臣 麻生 太郎氏が来賓として招かれて挨拶を行ったほか、日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭氏が年頭挨拶で新年の抱負を語った。また、来賓や艶やかな晴れ着姿の女性による打鐘の後、市場関係者、一般参列者全員による手締めが行われ、「亥年」の株式市場の活況を祈願した。




 2019年の大発会も快晴。午前7時30分から、地下1階の会見室で報道陣向け説明会&撮影場所抽選会が行われ、その後セレモニーが行われる東証アローズ オープンプラットフォームへ移動して報道の準備が進められる。開始時間が迫ると、一般来場者、証券市場関係者、晴れ着の女性の順に会場に入場し、厳かな雰囲気の中、大発会の開始を待つ。




【セレモニー開始前】日本取引所グループの紹介映像に加え、大阪取引所の大発会・大株締めの様子もライブ映像で中継

 セレモニー開始前に会場後方の大型液晶モニターに、日本取引所グループの紹介映像が映し出され、その後、東京証券取引所に先駆けて行われた大阪取引所の大発会の様子がライブ映像で紹介された。「打~ちまひょ」の掛け声で始まる大株締め(だいかぶじめ)による手締めは東京と違って拍子木を使い、独特の節回しで行われる。




 【挨拶】清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)「波乱の幕開けもガバナンスの改善、稼ぐ力の向上を踏まえれば見通しは決して悪くはなく、さらに来年には、東京オリンピック・パラリンピックも」

 清田氏は挨拶冒頭で昨年の株式市場を振り返った後、国内全体のIPOが98社と好調で、東証と大証が統合して以来最も多い数となった一方で、統合から5年が経過する中、市場構造や関連する上場制度を巡り、改善すべき点が見受けられるようになってきたとして、昨年に外部有識者による懇談会を設置し、市場構造を巡る諸問題や今後の在り方等を検討することとしたと報告。また、昨年は、改革をより実質的なものへと深化させていくため、コーポレートガバナンス・コードの改訂を実施したとして、今年も企業による取り組みが「形式」から「実質」へと深化していくよう引き続き注力したいと語った。

 さらに日本取引所グループとしての取り組みとして、上場デリバティブの清算システムリプレース、売買審査業務へのAI導入、国債の決済期間短縮、ETF市場の強化、株式の売買単位統一などを挙げ、今後は新しい経営課題として掲げた「ESG・SDGs」関連の施策にも積極的に取り組むとともに、積年の課題であった総合取引所についても、その実現に向けて東京商品取引所と協議を続けていると語った。

 清田氏は最後に今年のマーケットについて、「今年は消費税の引上げが予定されており、過去の経験から景気の冷え込みを心配する声もあるが、政府から大胆な景気刺激策や減税が打ち出されていることから、極端な落ち込みは避けられるのではないか。株式市場は波乱の幕開けとなっているが、日本企業が取り組んできたガバナンスの改善、稼ぐ力の向上を踏まえれば、今年のマーケットの見通しは決して悪くはなく、さらに来年には、東京オリンピック・パラリンピックも控えており、日本全体が新しい気持ちで益々盛り上がっていくのではないか。今年は亥年で、相場の格言では「亥固まる」と言い、株価は、下値を探る場面もあるかもしれないが、それを底値に踏み固めて大きな飛躍へと繋がっていく1年になることを期待したい。」と述べて挨拶を締め括った。




【挨拶】副総理兼財務・金融担当大臣 麻生 太郎氏「官民協力して積立NISAの普及に取り組むほか、総合取引所の実現は国際競争力強化と投資家の利便性向上に寄与する」

 麻生氏は挨拶の冒頭で、名目GDP、企業収益、失業率など、安倍内閣の政策による経済効果を具体的な数字を述べながら紹介し、経済の好循環は着実に続いているとした上で、株価については年末の急落は海外の動向にやや過剰反応したきらいもあり、景気は引き続き好調だとの認識を示した。

 また、「金融庁として国民の安定的な資産形成のために昨年7月からの導入した積立NISAは、20代から40代を中心に100万口座に達する勢いで、新たな投資者層の拡がりに貢献している。家計金融資産1859兆円の内、約半分の968兆円が現預金となっている現状を変えていく必要があるので、官民協力して積立NISAの普及に取り組むことが重要だ。」と述べた後、「金融機関については顧客本位の業務運営の確立・定着に引き続き取り組む必要があり、こうした取り組みを通じて国民の安定的な資産形成の流れが拡がることを期待している。そのためには企業の持続的成長を促すことが極めて重要で、コーポレートガバナンスの改革によって中長期的な企業価値の向上を図っていくため、取締役会の機能発揮等の取り組みをさらに前に進めたい。」と語った。

 最後に、「総合取引所の実現に向けた議論が進んでいるが、幅広い上場商品をワンストップで取引できる総合取引が実現することにより、我が国市場の国際競争力が強化され、投資家の利便性が大きく向上することが期待される。金融庁としても総合取引所実現に向けた取り組みを積極的にサポートしていく他、高齢化、デジタル化など世界各国が抱える金融分野の国際的な課題解決の議論を我が国が主導していきたい。」と
意気込みを語って挨拶を終えた。



 挨拶の後、麻生氏と晴れ着の女性により、取引の活況と市場繁栄、景気回復への願いを込めて打鐘が行われた。




 最後は東京証券取引所 取締役常務執行役員 岩永 守幸氏の発声による手締で無事大発会セレモニーは終了。



 終了直後に寄りついた大発会の日経平均株価は急落し、始値は大納会の終値と比べ359.64円安の19,655.13円となり、下げ幅は一時700円を超えるなど大幅安となった。リスク回避の動きが強まる中、安値を出し尽くした後の相場の回復力が2020年のオリンピックイヤーに夢と堅調相場を引き継いでいけるよう、一日も早く相場が好転の兆しを見せることを期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ





15:18 | 取材:投資家向け
2018/12/28

【東京証券取引所】前サッカー男子日本代表監督 西野 朗氏をゲストに招き、1年の取引の締め括りとなる大納会を開催!

| by:ウェブ管理者


 2018年12月28日(金)、日本取引所グループ東京証券取引所は、東証Arrows オープンプラットホームにおいて、1年の取引の締め括りとなる恒例の大納会を開催した。

 本年は、サッカー指導者で前サッカー日本代表監督の西野 朗氏がゲストとして招かれ、来賓挨拶や打鐘を行った後、最後に手締めを行って2018年の取引を締め括った。

 

 

 大納会の会場である東証Arrows オープンプラットホームでは、セレモニー開始前、大型モニターに日本取引所グループやマーケットの今年1年を振り返るのトピックス映像が流された。




 続いて、2018年に新規上場した企業の経営者ら代表が盛大な拍手を浴びながら順にエスカレータを降りて参列者に列に加わった。この後の挨拶でも紹介される通り、今年のIPO件数は東証と大証が統合後、最高を記録したという。




 【挨拶】清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)「積年の課題である総合取引所実現に向けて東京商品取引所と鋭意協議を継続中」

 清田氏は挨拶冒頭で今年の株式市場を振り返り、「年始は悪くないスタートを切ったが、前半は北朝鮮問題、米中貿易摩擦、後半は安全保障問題、中東の緊張、終息しないブレグジットなど新たな火種が次々と発生し、一時24,000円を上回った株価も米国金利上昇などもあって20,000円ギリギリまで悪くなった。」と述べた一方、好調なIPOについては「今年は98社が上場し、東証と大証が統合後、最高を更新するなど上場への意欲は衰えていない。新年以降も続くことを願うとともに取引所としても支援していきたい。」と
IPOへの期待感を示した。

 また、「今年JPXグループは清算システムのリプレイス、売買審査へのAI導入、国債の決済期間のT+1への移行、コーポレートガバナンスコードの改訂、100株単位へ統一等数々の施策を実施し、さらにSG/SDGsへの取り組みの他、積年の課題である総合取引所実現に向けて東京商品取引所と鋭意協議を継続している。」と語った。

 最後にゲストの西野氏を紹介し、「西野氏にあやかって株式市場も世界にアピールし、来年が輝かしい1年になることを願っている」と語って挨拶とした。




【来賓挨拶】西野 朗氏(前サッカー日本代表監督)

 西野氏は恒例の大納会に招かれて光栄と述べた後、「6月にワールドカップがあり、直前に監督になったが、国民の皆さんのバックアップのおかげで最低限の結果は出せたのかなと考えている。」と、前代表監督として大会への感想を一言述べた後、「今年は自然災害が多かったが、被災地の方々にいつも感動や元気を貰っているので、ワールドカップだけでなくスポーツ界全体で被災地の皆さんに勇気や感動を与えたい。」と挨拶。「ワールドカップで5万人の視線を浴びても大丈夫だが、今回はなぜか非常に緊張している。」と会場の笑いを誘いつつ、新年へ期待感を最後に語って挨拶とした。




【打鐘】西野 朗氏による5回の打鐘


 挨拶後、西野氏による打鐘が行われた。鐘を打ち鳴らす「5回」は穀物が豊かに実る「五穀豊穣」に由来するという。



【手締め】最後は手締めで2017年の大納会を締め括る。

 打鐘が行われた後、東京証券取引所 取締役常務執行役員 岩永 守幸氏の発声による手締めが行われ、無事大納会は終了した。


 大納会終了後、辛うじて20,000円をキープした大型モニターを多くの報道陣がニュース配信用に撮影。


 大納会が行われた28日の東京株式市場は3日ぶりに反落し、前日比62.85円安の20,014円77銭で終え、20,000円台は維持したものの、2011年以来7年ぶりに前年の引け値を下回って1年の取引を終えた。


 来る2019年は「いのしし(亥)年」で、株式相場の格言では「亥固まる」と言い、いい意味で前年の堅調な流れを引き継ぐことが期待された中で年末の株価急落に見舞われたが、東京五輪が開催される翌2020年の「ねずみ(子)年」は「繁栄」の年。一日も早く相場が立ち直り、良い流れでオリンピックイヤーにバトンを渡せられるよう市場の回復力に期待したい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 :プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ





17:51 | 取材:投資家向け
2018/12/20

【東京証券取引所】「特別企画・女性のためのやさしいデリバティブ入門」を東証ホールで開催!未経験および初心者の女性向けに金融派生商品(デリバティブ)の概要や魅力をやさしく解説!

| by:ウェブ管理者

 2018年11月28日(水)、東京証券取引所は、金融派生商品(デリバティブ)取引の未経験者および初心者の女性向けに、取引の概要を分かり易く解説する、JPXアカデミー「女性のためのやさしいデリバティブ入門」を東証ホールで開催した。



 「先物」や「オプション」といった金融派生商品(デリバティブ)は、特に女性にとっては仕組みが難しかったり、用語が専門的に覚え難いという声も耳にすることから、本講座では講師が全く縁がなかったデリバティブの世界に飛び込んだ経験談なども交え、「先物」や「オプション」の概要や魅力についてやさしく解説する。さらにこの日は講座が終了後、「株式取引所開設140周年」を記念して、参加者に抽選でプレゼントも進呈される予定だという。



 この日の講師はシンプレクス・インスティテュート取締役
の安藤 希さん。同社は投資家向け学習コンテンツ(OSE先物・オプションシミュレーター等)の制作・提供などを手掛けており、この日は個人投資家として先物やオプション取引を学んだ経験をもとに、初心者の視点に立ってデリバティブ取引の解説や魅力を紹介する。



 講義前半は「先物」、「オプション」の内、「先物」についてのレクチャー。ラージと比べれば一般の人にも利用し易い日経225mini(ミニ)を取り上げて、元本は必要とせず、証拠金で取引できるなどの特徴や魅力を紹介後、活用例、取引の始め方、注意点、上達への近道について、初心者の女性にも分かり易く解説した。「取引の始め方」では、始める前にシミュレーターで練習取引を行い、慣れるまでは小さな幅で取引するなど、細やかなアドバイスも行った。



 後半の「オプション」では日経225オプションを例にオプションの基本的な仕組みや考え方を解説。通常取引の売りと買いと違ってオプションの「売り」と「買い」が決定的に別物であること、「イベント時の動きを利用」や「長くて3日間の保有」がオプション取引時のポイントのひとつだと受講者に語った。


 本日は講義終了後、証券取引所としては世界初のコラボレーションとなるクマ型ブロックタイプフィギュア『BE@RBRICK』の「JPX BE@RBRICK株式取引所開設140周年記念限定モデル」(限定非売品)が受講者へ抽選でプレゼントされた。頭部はマーケットセンターのシリンダーとチッカーをイメージしたクリアカラー、ボディ前面には日本取引所グループ(JPX)のシンボルマークがあるなどJPX仕様となっており、今後、アンケートの回答者や各種セミナー・イベント等の参加者へ数量限定でプレゼントされる予定だ。また、進呈後は講師の安藤さんと会場に残った受講者が記念撮影や質疑応答するシーンがしばらく続くなど、受講者の多さと共に興味関心の高さも窺える講座だったといえる。

 最後に、講演で取引を始める前の練習取引のツールとして紹介された「OSE先物・オプション シミュレーター」をご紹介したい。

 仮想の投資資金を元手に先物・オプションの売買を無料で体験できるサイトで、様々な戦略を試しつつ、本格的な取引をゲーム感覚で楽しく学習できる内容となっている。

(取材、撮影、記事、編集・制作:プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






13:44 | 取材:投資家向け
2018/12/06

【ヤフー/東京証券取引所】秋冬は投資の“旬”だった!? Yahoo!ファイナンスと東証+YOUの共催企画「いい投資の日 2018」記念イベントを東証ホールで開催

| by:ウェブ管理者

 2018年11月19日(月)、 東京証券取引所東証+YOU)とヤフーYahoo!ファイナンス)は、11月14日を「いい投資の日」とする記念セミナーを東京証券取引所にある東証ホールで開催した。

 ハロウィン直後の11月から翌年5月までの投資リターンが高いという「ハロウィン効果」に注目して企画・PRされている「いい投資の日(11月14日)」。講演ではハロウィンと投資の不思議な関係を関西学院大学・教授の岡田 克彦氏が詳しく解説し、ゲストのGood Moneyger 代表取締役 清水 俊博氏も交えたパネルディスカッションも人生100年時代のマネーをテーマとしたトークで盛り上がるなど、会場を埋めた多くの参加者も閉会まで記念イベントを楽しんだ。



 東京証券取引所では、2012年度より「マーケットから日本を元気に」を合言葉に、“+YOU(ぷらす・ゆー)ニッポン経済応援プロジェクト”を展開。このプロジェクトは、証券投資の本当の意味、証券投資が持つ力について、一人でも多くに知ってもらうことを目的にして、全国各地で投資初心者向けのセミナーを開催しているもので、この日はYahoo!ファイナンスと共催で記念イベントを開催した。



【講演】関西学院大学大学院経営戦略研究科 教授 岡田 克彦氏「HALLOWEENをめぐる株価の不思議な不思議なお話」

 外資系金融機関出身の岡田氏は第1部の講演で、「ハロウィーンから半年」と「ハロウィーンまで半年」の株価指数の月次平均リターンを比べると、年前半のパフォーマンスが年後半を圧倒している傾向にあることを、様々な長期的なデータを駆使しながら解説。データを日付単位で細かく解析した結果、最適な購入開始日は「11月14日」で、「いい投資の日」は決して単純なゴロあわせだけではないことを強調した。

 この「株価指数の不思議な季節性」が生じる背景や要因を行動経済学の観点から、「人間は年前半に楽観的になる動物」であり、それが実際の投資行動や株価形成にこうしたパターンが見られる理由の一つだと指摘する岡田氏は、Dow Jones Indexを使って調べた過去50年間の「①11月~4月」、「②5月~10月」のパフォーマンス比較で、②の+0.09%に対し、年前半の「①11月~4月」は実に+7.2%と、運用益に圧倒的な差があることも紹介した。



 また、岡田氏は毎月10万円を250ヵ月貯めた場合の貯蓄額が2,500万円であることを前提に、同様の額を貯金ではなく「TOPIXのETF」に毎月投資していた場合いくらになっていたか」と来場者に問いかけた後、その答えが「3,452万円」であることを紹介。さらに、購入期間を「ハロウィーンから半年間に限定」して倍の20万円を投資し続けた場合、「4,752万円」にまで運用総額が増大したという結果を披露した。

 最後に、株価指数だけではなく個別銘柄にも季節性が観測されるとしながらも、それぞれ企業特性の違いから季節性(旬な時期)もまちまちなため、これを解析するにはAI(人工知能)が有効だとして、例としてYahoo japan!のビッグデータ活用について紹介。その力を借りて旬な銘柄だけを保有することで、「ハロウィン効果を1年中堪能することも可能」だと語って講演を締め括った。



【パネルディスカッション】「さぁ、はじめよう♪ 人生100年時代のワイワイマネートーク」

 続いて第2部は岡田氏に加えて、ロボアドバイザー提供やゲーミフィケーションを取り入れた金融教育を行っているGood Moneyger 代表取締役 清水 俊博氏を迎えてのパネルディスカッション。モデレーターは東証 金融リテラシーサポート部の岡部 ちはるさんが務めた。

 岡田氏は第2部の挨拶で、「日本には資産形成という考え方がまだ根付いておらず、米国と比べても現金に偏った資産形成になっている。結果、日本の金融市場が活性化されないため、経済が縮小していかないようにすることが大きな課題となってしまっている。」と現状を憂慮しつつ「こうした中で人生100年時代は個人にとっても日本の経済にとっても大きなチャンスになるため、今後の重要なテーマといえるだろう。」と語った。

 次に清水氏より自己紹介もまじえて挨拶があり、「大学卒業後新卒でリーマンブラザーズに入社してすぐに会社が倒産、人生の大きなイベントが入社1年目に起きた。」というエピソードを披露。「資産形成については、若い人にとっては時間や体力も資産なので、それを活かしながらお金という資産に変えていくこと、自分が持っているものをどう活かして資産形成に繋げていくのかを考えていって欲しい。」と述べた。さらに、「投資を早めにやり始めるのが大事。資産はお金だけではなく、いろんなものを含めて資産と認識したときに、早くから自分に合うものを探したり考えたりしていくことも資産形成の第一歩に繋がる。」と語った。



 続いてモデレーターの岡部さんが岡田氏に、人生100年時代の株式投資や資産形成のポイントを質問。岡田氏はまず、銀行預金と株式投資の違いについて説明し、もはや銀行預金ではお金は増えない一方で、株式を買った場合は株主になり、収益は株主に配分される仕組みになっているため、株式投資の方が資産形成には有利としながらも、分散投資をすることが重要で、一つの企業への集中投資は避けるべきとだと忠告した。また、株式投資のリターンが高い傾向は米国でより顕著であり、投資信託や株価指数なども含め、構造的に利益を計上し易いのは銀行預金ではなく株式投資であると強調。また、長期で見ることが大変重要で、情報に振り回されずに長期分散投資でじっと待つことが一番賢い方法だろうと述べた。

 また、清水氏は投資をする上での脳のコントロール法について語り、相場に振り回されず、長期分散投資で機械的にこつこつと続けることに喜びを感じるようになれればよしとして、それを前提に、まずは「スタート」することが大事なことだと強調した。情報に振り回されないよう、モチベーションを下げる悪いニュースは時に無視することも必要で、リラックスしながら自分の投資スタイルを貫いていくことを忘れずに投資生活を送って欲しいと語った。

 さらに清水氏の経営するGood Moneygerは金融教育をビジネスにしており、資産形成が学べるボードゲームやカードゲームの販売や、投資サポートをするシステムも扱うなど、今後も正しい金融教育の普及に貢献をしていきたいと語った。

 Yahoo!ファイナンス「いい投資の日」の公式サイトでは、ハロウィンと投資の不思議な関係について、さらに詳しく解説されており、金融機関とのタイアップキャンペーンも紹介されているので、ハロウィン投資の旬な季節を迎えている今こそ、ぜひご一読いただきたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作:プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






10:06 | 取材:投資家向け
2018/12/05

【東京証券取引所】JPXアカデミー「2019年に向けた株式市場見通しと投資戦略」を東証ホールで開催!資産形成に取り組む注目ポイントを投資初心者にやさしく解説!

| by:ウェブ管理者

 2018年11月14日(水)、東京証券取引所は、中間決算や年末年始に向けた経済動向も踏まえた上で、資産形成の基本的な考え方・年齢別で押さえるべきポイントなどをやさしく解説する初心者向けセミナー、JPXアカデミー「2019年に向けた株式市場見通しと投資戦略」を東証ホールで開催した。



 開会時間の19時前、ライトアップされた東京証券取引所・東玄関。参加者は裏側の西玄関から入館し、エスカレーターで2階に上がって東証ホールへ入場する。この日の参加者も仕事帰りの会社員が中心で、半数程度を女性が占めている。



 この日の講師には投信会社、銀行勤務を経て調査センターでの経験を積み、2016年より楽天証券経済研究所 チーフグローバルストラテジストを務める香川 睦氏。
テレビ東京系列「モーニングサテライト」、日経CNBCなどの各種メディアに出演し、著書に「入門グローバル分散投資-これから始める資産運用50のとびら」(共著/東洋経済新報社)がある。



 講演は前半が「2019年に向けた株式市場見通し」。来年にかけてのリスク要因のおさらいや米国の景況感、米・長期金利から展望する日米株式、国内の業績見通しや為替相場の展望などについて、初心者にも理解しやすいよう親切かつ丁寧に解説した。



 後半は「不確実性と向き合う投資戦略」をテーマに、米国の「配当貴族指数(長期連続増配)」の概要、国内の連続増配銘柄を紹介。その後、成長期待はどの市場にあるのか?として、日米の各株式市場の動きを比較。また、業種別に見た場合のデジタル革命をリードするテクノロジー業界の魅力についても語り、最後に「貯めながら増やす」として日経平均等、国内外の市場を対象とした積立投資の実績(シミュレーション)について解説した。



 日本取引所グループが取り組む金融経済教育は、「社会人向け」、「小・中・高校生及び教員向け」、「大学生・専門学校生向け」、「起業教育(起業家人材輩出支援)」などがあり、この内、「JPXアカデミー」は、世代を問わず学ぶ意欲のある社会人に向けて、株式、ETF、REIT、デリバティブなどの金融商品の解説、マクロ経済動向や最新の経済理論など、自ら資産を管理・運用する際に必要とされる金融経済に関する知識や情報を提供している。常設講座のほか、今回のような特別企画を随時開催しており、現在開催予定のセミナーは「セミナー・イベント情報」から確認・申込みができる。

(取材、撮影、記事、編集・制作:プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






14:24 | 取材:投資家向け
12345

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.