金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート
12345
2019/06/28

【三井情報】明治大学教授 小早川 周司氏を招いて今年で5回目となった「三井情報 金融フォーラム2019」をパレスホテル東京で開催!

| by:ウェブ管理者



 2019年6月10日(月)、三井情報(以下、同社)は、金融機関の経営層・管理職層を招き、今年で5回目を数える「三井情報 金融フォーラム2019」を、東京・丸の内のパレスホテル東京で開催した。

 三井物産を親会社に持つ同社は、幅広い業種にコンサルティングからアプリケーション開発、サービスインテグレーション、運用・保守などのITサービスを提供しており、金融業界に対しても企業財務分析診断の業界標準システムである「
CASTER」などのソリューションや、決済業務支援、市場系業務・リスク管理支援を提供している。この日は、明治大学 政治経済学部 教授 小早川 周司氏による『デジタル化の進展と金融機関』と題した講演。終了後は懇親会も行われるなど盛況裡に閉会した。


 東京・丸の内の皇居近くのパレスホテル東京。都心でありながら美しい緑と水に恵まれたエリアにあるこのホテルには開催直前にトランプ米大統領も宿泊されるなど、日本有数の格式と伝統を誇るホテルだ。開演時間が近付くにつれ、金融機関の来場者が次々と会場を訪れる。



開会挨拶】三井情報 代表取締役社長 小日山 功氏

 開会の挨拶で小日山氏は、来場の御礼と40年以上に亘るご愛顧に対する感謝の弁を述べた後、米中貿易摩擦や保護主義的政策の行方に注目が集まる中、5G通信が今までの常識を大きく覆しIT基盤変革がもたらす事が想定されているとし、「金融サービスにおいても同様で、従来のオンプレミス型ネットワーク設備の所有から通信サービスを利用する、いわゆる「所有」から「利用」へ変革していくだろう。」と語った。

 また、情報システムのクラウド化の流れもこの一年、大きく加速しているとして、「2018年6月に政府から公表された情報システムにおけるクラウドサービスの利用に関わる基本方針では、クラウドサービスに業務を適合させていく業務プロセス改革が必要となる。弊社自身でも、基幹システムの更改において、すべての機能でクラウドサービス利用を前提に「Fit to Standard」を合言葉に業務プロセス改革を行っており、世の中の変化を上回るスピードで開発・導入することに挑戦中だ。弊社が培ってきた技術でマルチクラウド時代のICTパートナーとして引き続き皆様のお役にたてれば。」と挨拶で述べた。



【特別講演】明治大学 政治経済学部 教授 小早川 周司氏「デジタル化の進展と金融機関」
-預金通貨と金融インフラの活用に向けて-

 小早川氏は、金融規制の見直しといった金融機関を取り巻く環境の変化について冒頭に述べた後、金融機関の将来像として「預金」の位置付けについて解説し、現金を巡る海外の動きや預金の現状や競合相手、デジタル通貨を紹介。後半は金融機関の「強み」を活かした経営に向けての私見を披露した。



【講演】三井情報 ソリューション技術本部 金融ソリューション部 部長 平野 圭司氏「情報資産を活用した信用創造機能の発揮」
-企業間の繋がりをデータから探る-

 平野氏は、融資分野における同社の取組や研究開発の取組について紹介。事例①では、「自然言語処理を使った景況感の定量化」として、沖縄銀行や東京大学等の協力を得て、取引先との接触履歴情報と新聞等のテキストデータから、地域の業種別景況指標を導く技術と事例について詳しく解説。事例②では「口座入出金情報による企業取引の可視化」、事例③では「文章データによる企業取引マッチング可能性の予測」を紹介し、文章データの集合から複数企業間の関係性を把握して、新たな取引の可能性を見出す技術を説明した。



【閉会挨拶】三井情報 執行役員 金融営業本部長 高田 康博氏

 高田氏は挨拶で、2018年11月にプレスリリースした、金融機関が求められる顧客本位の業務運営を支援する「MKI、自然言語処理技術を備えたFRONTEOの人工知能「KIBIT」の販売開始」について触れ、その概要や特徴について紹介した。金融機関で数多くの活用実績がある「KIBIT」により、音声認識によるテキストデータ、VOC(Voice of Customer)データの活用高度化に向け、顧客本位の業務運営をワンストップで支援していくことを表明した。




 講演会終了後は隣接する宴会場で懇親会が行われ、同社取締役副社長 秦 健二郎氏による挨拶と乾杯の音頭でパーティーがスタート。乾杯前の挨拶では「キャッシュレス化が進む中でも、以前に駐在していた南米の国では強盗にあった時のためにキャッシュが必要だった」と笑いを誘い場の雰囲気を和ませた後、「皆様と金融のデジタル化を共に進めていきたい」と語った。また、中締めを同社取締役 渡邉 辰夫氏が行い、「デジタル化が急速に発展する中で、どうご支援できるかを日々考えながら、皆様に寄り添っていきたい」と挨拶し、懇親会は活況のまま終宴を迎えた。デモコーナーにも多くの人が足を運んでスタッフとコミュニケーションを交わした。

 新たな潮流が金融業界に押し寄せる中、市場や顧客のニーズを捉え、技術力を駆使する事で、新たなビジネスを創出し、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指すとする同社の今後の取り組みに注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 :メデイアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





08:45 | 取材:金融・IT業界向け
2019/06/19

【地方創生『食の魅力』発見商談会実行委員会】東京オリンピックを目前に一層注目を浴びる地域食品が全国から集結!食品企業と食品バイヤーのマッチングの機会を提供する食の商談会「地方創生『食の魅力』発見商談会2019」開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年6月12日(水)、リッキービジネスソリューション第二地方銀行協会加盟行で構成される、地方創生『食の魅力』発見商談会実行委員会は、東京都大田区平和島にあるTRC東京流通センターにおいて、「地方創生『食の魅力』発見商談会2019」を開催した。


 本商談会は全国の地域食品に特化した商談会として2011年よりスタートし、年々規模を拡大しつつ本年で第9回目を迎えた。第二地方銀行の取引先である地域の食品を扱う地元企業と首都圏を中心としたバイヤーとのマッチング機会の創出や商品の市場競争力向上を狙い、広域の食関連産業の育成と発展、地域経済の活性化を支援することを目的に毎年開催されているもので、当日は開場早々から多くのバイヤーが訪れて終日展示会場は賑わいをみせた。




 開場に先立ち、会場の特設ステージでは午前9時30分から開会式が行われた。開会式には来賓や主催銀行&出展社の関係者のほか、地域を代表して商談会を盛り上げようと会場に駆け付けた各地のご当地キャラクターも参加。司会から来賓や主催銀行代表者の紹介が行われた後、最後に主催・企画運営事務局のリッキービジネスソリューション 代表取締役 澁谷 耕一氏も紹介され、開会式がスタートした。




【主催銀行代表挨拶】東和銀行 代表取締役頭取 吉永 國光氏「内容が毎回充実する商談会、商談が成立数は初開催時と比べ7倍に」

 開会式冒頭、主催行を代表して挨拶した吉永頭取は、「2011年に始まって今年で9回目。回を重ねているだけでなく、その内容が毎回どんどん充実していき、成果が着実に上がっている商談会だ。昨年は出展企業数は261社、来場者数は2,600名に、商談成約数は385件まで増えてきた。」と実績をPR。「商談会をここまで成長させたのはリッキービジネスソリューションの澁谷社長、それから第二地銀協会の事務局の皆さんの力が大きかったのではないか。商談会に来ていただいたバイヤーの皆さんと私共銀行員は必ず名刺交換をし、その後本店で行われるビジネス交流会にも来ていただけるよう交流を深められる場にしてもらいたい。」と商談会に臨む主催銀行側の心構えにも触れて挨拶とした。


【来賓挨拶】金融庁 監督局銀行第二課 地域金融生産性向上支援室長 日下 智晴氏「銀行員の方々と事業者の皆様方が共通価値を作って、地方そして日本全体を元気にしてほしい

 日下氏は冒頭にお祝いの言葉を述べた後、「多くの商談が本日なされることを心から祈念しております。」と切りだし、さらに「他銀行の方々が連れてこられた出展社様の商品を見て、次にどのような取組をしたらいいだろうかと、様々な取引先に対するアドバイスのネタを発見してもらう場にしてもらえれば」と挨拶。また、「商談会を通じて商品を見る目、あるいは目利き力といったものが必ず養われる。経営を上手にやったとしても現場で価値が生まれないと共通価値の創造はできない。今日は銀行員の皆様と事業者の皆様が共通価値を作って、地方そして日本全体を元気にしていく事を祈念したい。」と期待を込めて挨拶をした。




 開会式が終了後、午前10時より開場の時間となり、受付を終えた食品バイヤーが続々と商談会場に入場。以下、会場の活気あふれる様子を撮影写真で紹介したい。


東京オリンピックを目前に一層注目を浴びる地域食品が全国から集結!盛況だった展示・商談会の様子をご紹介します!









全出展ブース裏に個別に用意された商談スペースでは、出展社とバイヤーとの事前予約制の個別商談が多数実施された。「都道府県PRスペース」には各都道府県の特色・魅力が紹介された無料パンフレットが多数展示!




前回から始まった「商品展示コーナー」にも多くのバイヤーが!「来場者抽選コーナー」といったお楽しみも!



 こうして第9回目の開催を終えた本商談会は、出展社数264社(同261社)総来場者数2,816名(同2,618名)といずれも過去最高となり、盛況のもと閉会を迎えた。全国の各地域で受け継がれてきた地域固有の多様な食文化と食材が注目を集める中、魅力溢れる地方食品の消費拡大につながる機会の提供を通じて、本商談会が今後も地方の活性化と活力向上を促進させる役割を担っていくことを期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWay メディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )



19:14 | 取材:金融・IT業界向け
2019/06/13

【アイルランド政府商務庁 / KPMGジャパン】RegTech最新動向とスタートアップを紹介、「アイルランドRegTech企業フォーラム」開催!

| by:サイト管理者


 2019年5月29日(水)、アイルランド政府商務庁およびKPMGジャパンは、あずさ監査法人 東京事務所において、「アイルランドRegTech企業フォーラム」を開催した。

 この日は、数多くのRegTechのベンチャーが立ち上がるアイルランドからキーパーソンを招き、RegTech企業の最新動向やサービスについて紹介。会場には、RegTechに興味を持つ金融機関および事業会社から多くの担当者が訪れた。



 開会挨拶では、山﨑 千春氏(有限責任あずさ監査法人 マネージング・ディレクター)が登壇。お礼の言葉と共に、近年の規制対応では、これまでドキュメントベースで行っていた報告から、経営情報に関するデータ(データベース)をそのまま出さないといけない状況に変質しているとし、従来の手法では追いつかないとした。また、リーガルテクニカルな順守だけではなく、実態として機能しているかどうかが求められているとし、アイルランドのソリューションへの期待と、時代に合った開発環境やエコシステムを共に創っていきたいと語った。

 講演「アイルランドのレグテック(フィンテック)エコシステム - レグテックの最新動向とグローバル市場で活躍するアイルランド企業の事例」では、Billy Hanley氏(アイルランド政府商務庁 RegTech / 投資ファンド、ファンド・アドミニストレーション シニア・アドバイザー)が登壇。アイルランドの特徴でもあるテクノロジーや金融サービスのハブとしての位置づけや、RegTechエコシステム、アイルランドのスタートアップ業界の動向や規制について解説した。



 講演「RegTechの動向と成功のポイント-ソリューションプロバイダの選定」では、津田 圭司氏(KPMGコンサルティング ITリスクマネジメント ディレクター)が登壇。

 講演「RegTechスタートアップ企業の役割、国際金融都市としての発展に向けて」では、有友 圭一氏(一般社団法人 東京国際金融機構 専務理事)が登壇。



 講演「Blockchainを活用したGecko Governance のコンプライアンス、レギュレトリーソリューションの概要」では、Patrick Purcell氏(Gecko Governance ヘッド オブ テクノロジー&プロダクト・イノベーション)が登壇。

 講演「クライアント・ライフサイクル・マネージメント(CLM)クライアント・オンボーディングからオフボーディングまでのプロセスの高度化」では、関 正名氏(Fenergo 日本代表)が登壇。



 パネルディスカッション「RegTechの将来」では、Billy Hanley氏、有友 圭一氏、津田 圭司氏がパネリストとして登壇、東海林 正賢氏(KPMGジャパン フィンテック推進支援室 室長)がモデレーターを務めた。パネルでは、RegTechを取り巻く現状認識として、日本および海外の顧客から具体的に上がっている声として、ステークホルダーのマネジメントの難しさ、各国における規制と解釈の違いといった課題への対応、テクノロジーやソリューションの活用状況や工夫している点などについて、それぞれの私見が披露された。



 全ての講演終了後に行われたネットワーキング・ドリンクでは、Mo Harvey氏(アイルランド政府商務庁 Head of Fintech - Asia)による乾杯に続き、比留間 玲子氏(アイルランド政府商務庁 首席商務官)より挨拶。登壇者や多くの来場者同士の挨拶、名刺交換、意見・情報交換など最後まで賑わいを見せた。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




16:11 | 取材:金融・IT業界向け
2019/06/10

【KPMGコンサルティング】ブロックチェーンを取り巻く現状と日本での実用化の課題とは?!「ブロックチェーンビジネス活用セミナー」を野村コンファレンスプラザ日本橋で開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年5月30日(木)、KPMGコンサルティングは、ブロックチェーンを取り巻く現状と日本での実用化の課題をテーマとした「ブロックチェーンビジネス活用セミナー」を東京・日本橋にある野村コンファレンスプラザ日本橋で開催した。
 
 今回は金融・非金融問わず、ブロックチェーンのビジネス利用に興味のある企業や、自社の持つブロックチェーン技術で大手企業と協力関係を築きたいと考えているFintechベンチャーなどを招いての開催で、来場者が多く訪れ、盛況なセミナーとなった。



 ブロックチェーンを活用したビジネスが益々拡大することが予想されている中、実稼働に向けた取り組みを理解するべく、大きな関心を持って様々な業界から集まった来場者が開演時間前に列を作った。また全講演は日英に同時通訳された。



 開会の挨拶は、椎名 茂氏(KPMGコンサルティング 執行役員 パートナー)。「短い期間に申込が定員に達し、ブロックチェーンを取り巻く環境が活況であることを感じる.。仮想通貨も上下変動もあるもののボックス圏内に動きが収まりつつあり、一定の信用力が仮想通貨の中で生まれてきているのでは。」と述べた後、「仮想通貨以外のところで活用しようという動きが色々出てはいても思うように進められていない。その反面、今後、スマートコントラクトなど様々な分野での新しい活用が予想されるので、今日はブロックチェーンをどのようにビジネスに活用していくのか、事例を中心に皆様に紹介したい」と語った。



 基調講演「ブロックチェーンを使ったビジネス事例」には、Laszlo Peter氏(KPMG オーストラリア ブロックチェーンサービスアジア太平洋地域責任者)が登壇。食品業界のケースを例にとり、栽培や飼育から加工・製造・流通などの過程を明確にする食品トレーサビリティーの重要性と食品偽造対策へのブロックチェーンの活用について解説。信頼できる情報の業界横断のプラットフォームとして開発したKPMG Originsの概要について紹介した。


 続いて「ブロックチェーン活用における課題」として、東海林 正賢氏(KPMGコンサルティング フィンテック推進支援室 室長)、豊田 雅丈氏(KPMGジャパン KPMGイグニション東京 ライトハウス:ディレクター)が登壇。ブロックチェーン活用要素とビジネスモデルに与える影響について解説した。


 休憩時間中、来場者で賑わう展示会場の様子。 今回は主催のKPMGコンサルティングに加えて、Keychain日本クラウドキャピタルArteryexCoinDesk Japanがブースを出展した。


 【お客様事例①】「ブロックチェーンの活用事例」には、久田 直次郎氏(楽天 執行役員)が登壇し、楽天グループの概要や事業展開などの紹介に続いて、楽天ブロックチェーンラボ設立を含めた楽天の取組や活用事例について、経過や狙いを交えて詳しく紹介した。


 【お客様事例②】「ブロックチェーンで築く地域デジタル基盤」には、関村 淳哉氏(岩手銀行 システム部 副部長)が登壇。岩手県の現状、サービス概要に続いて、ブロックチェーンを利用した今後のサービス展開や企業支援イメージなどについて講演を行った。


 【お客様事例③】「ブロックチェーンによる株主管理」では、柴原 祐喜氏(日本クラウドキャピタル 代表取締役CEO)が同社のビジネスおよびブロックチェーンの活用範囲、ビジネス・法律面の整理などについて解説した。


 【パネルディスカッション】「ブロックチェーン実用化に向けた課題」

 (パネリスト)
  関村 淳哉氏(岩手銀行 システム部 副部長)
  柴原 祐喜氏(日本クラウドキャピタル 代表取締役CEO)

 (モデレーター)
  東海林 正賢氏(KPMGコンサルティング フィンテック推進支援室 室長)


 講演の終了後はネットワーキング・ドリンク(懇親会)も催され、来場者と登壇した講師や出展社スタッフ、来場者同士の歓談が長く続いた。

 KPMGジャパンでは今回のようなセミナーを始め、会計、規制対応、フィンテックなど様々な分野のセミナーを東京や地方都市で随時開催しているので、最後にご紹介したい。
KPMGジャパン セミナーカレンダー

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




10:16 | 取材:金融・IT業界向け
2019/06/02

【ブロードリッジ・ジャパン】新たなテクノロジーとソーシングモデルの胎動、「ブロードリッジ・エクスチェンジ・ジャパン」をパレスホテル東京で開催!

| by:サイト管理者


 2019年5月30日(木)、ブロードリッジ・ジャパンは、金融業界を対象とした「ブロードリッジ・エクスチェンジ・ジャパン~新たなテクノロジーとソーシングモデルの胎動」をパレスホテル東京で開催した。

 金融業界の中心からグローバルで革新的なサービスを手掛ける各分野(中央銀行、証券会社、取引所)で活躍するキーパーソンを招き、新たなテクノロジーとソーシングモデルを生み出す当事者視点から現状の課題と未来像について共有した。



 会場は例年通り、絶好のロケーションにあるパレスホテル東京。開演時刻が近付き多くの金融業界関係者が会場を訪れた。

 講演会場の「橘の間」に用意された定員150名の席は、講演開始からほどなくほぼ満席に。参加者の関心の強さがうかがえる。



【開演挨拶】ロス・マイケル氏(ブロードリッジ・ジャパン 営業部長)

 冒頭の挨拶に立ったロス・マイケル氏は、参加者へのお礼の言葉と共に、ホワイトペーパー報告として、日本の証券市場における次世代テクノロジーの動向について解説。資本市場インフラのモダナイゼーションと金融市場参加者に影響を与える要素に触れ、戦略的目標ABCD(AI、Blockchain、Cloud、Digital)への投資とテクノロジー活用の重要性について語った。


【パネルディスカッション】「Ready for Next、新たなテクノロジーとソーシングモデルの胎動」

(パネリスト)
 副島 豊氏(日本銀行 決済機構局審議役 FinTechセンター長)
 宇都宮 研氏(みずほ証券 グローバルマーケッツ部門 マネージング・ディレクター グローバルホールセールCOO)
 山藤 敦史氏(日本取引所グループ 総合企画部 フィンテック推進室長 兼 IT企画部 企画統括役)

(モデレータ)
 ジェームス・マーズデン氏(ブロードリッジ・ジャパン マネージング ディレクター アジア戦略・営業開発)


 パネルでは、経済・金融・技術のトレンド、法規制の環境やマーケットの構造変化、証券市場の発展に資するデータやサービスについて紹介。続いて、AI・ビッグデータの活用と可能性、グローバルマーケッツ業務基盤の構築、DLT/ブロックチェーンの可能性などについて解説。日本の資本市場、金融機関における変化のドライバーと課題、中長期的なIT投資を最適化するためのポイントなど、それぞれの私見が披露された。


【ライトニングトーク】光岡 大三氏(ブロードリッジ・ジャパン セールスディレクター)

 光岡氏からは、ブロードリッジ・ジャパンの概要に加え、AI戦略、ブロックチェーン戦略、クラウド戦略、デジタル戦略に対する取組みが紹介された。皆さまと一緒に”Ready For Next”を歩んでいきたいと語り、締めくくった。


 講演が終了し、懇親会の開始前に記念写真。
 (左から、ロス・マイケル氏、山藤 敦史氏、副島 豊氏、宇都宮 研氏、ジェームス・マーズデン氏。)



 懇親会の会場「梅の間」には、この日の登壇者や多くの来場者が参加し、盛況な雰囲気の中、歓談の時間が長く続いた。

 金融機関のミドル・バックオフィス業務向けソリューションを提供するブロードリッジ・ジャパンは、コミュニケーション、テクノロジー、データおよび分析ソリューションを提供。以下のプロモーションビデオ(1分)も参考にされたい。



(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




13:55 | 取材:金融・IT業界向け
12345

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.